hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年02月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28


2003年02月11日(火) [長年日記]

エビオス効果で一番の効果は「大きいほうがモリモリ出ること」。毎食後2回のペースです。お肌がツヤツヤになりました

#15 [neta] IPv6で数盲

IPv6の大きさ_ をネタに たとえ話_ を書こうと思ったけど。
アドレス1個を1ミリとすると、IPv6は銀河系の直径の約80倍だという話があるけど、中には豪快に IPv4が2〜3cmだとするとIPv6は銀河系の直径くらいになります_ って記述もあったり。
確かに42億を3センチ(30ミリ)とすれば、尺度が小さくなるけど。
銀河系の直径は約10万光年。1光年はだいたい9兆4600億kmだから、94杼6000垓ミリメートルになる。
たかが80倍した程度では340澗2823溝6692穣0938杼4634垓6337京4607兆4317億6821万1456ミリメートルには届きそうも有りません。
同時に42億を3センチとしたたとえ話でも、94杼6000垓ミリメートルとは程遠い気がします。
……と言う感じでIPv6のたとえ話をしていると「100億兆円よこせ」 *3 と言っているみたいな小学生の喧嘩にも似たバカバカしさが付きまといます。
こんな風に、あまりにも大きな数を話題にしているときは、人間は「とにかくでかい数」という感じで数字の実感がつかめなくなるものです。
これを「数盲」 *4 と呼びます。
*3: 実際には100億兆と340澗では数字がかけ離れすぎているから、この比喩も不適切である
*4: 日経サイエンスのコラムで提唱されていた概念。「3の3乗は9」といった吉村作治教授が有名な数盲の例
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/02/11/15.html#2003021115
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-02-11 00:00:00 By otsune