hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年06月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


2003年06月14日() [長年日記]

つーか、まだ次週放送分の白箱すら見ていないオレの言葉をリンクして騒がないように

#1 [home][unix] KNOPPIXなHDDでブラウズ

aptにsidを指定しないとw3m-imgがタブつきじゃないバージョンだと気がつくのに時間がかかった。
日記ファイルはcvs管理だから特に問題なし。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/06/14/1.html#200306141
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-06-14 00:00:00 By otsune

#2 [www] HotsyncするだけでWeb日記が更新できるPalmコンジット

これって前世紀にはすでに実現してなかったっけ?
HotSyncなんて泥臭いことよりも、メール更新とかcvs updateとかのほうが楽だという流れになって、需要が無いのかと思っていた。
まぁXML-RPCとか新しい仕組みが出来てきたからこその、アイデアの再構築なんだろうけど。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/06/14/2.html#200306142
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-06-14 00:00:00 By otsune
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/06/14/3.html#200306143
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-06-14 00:00:00 By otsune

#4 [www] 森山和道日記でRFIDネタが来ました。

▼ついでながら、アパレル業界での導入が期待されている理由は、流通経路が他に比べると単純で、しかも、タグを入れるとメリットがありそうな高価値商品においては、コスト上乗せが比較的容易と考えられるからだ。その場合、アプリは単なる単品管理だけではない。知っている人は知っているが、その先の活用法も既に色々と検討されている。ともあれ、RFIDを普及させていきたいのであれば、既存の泥臭い話をもうちょっと真面目に見当したほうがいい。もっとも、机上の空論を言っている人たちがいる一方で、そんな人たちのことを歯牙にもかけないペースで動いてる人たちもいる。だから面白いのだけど。
「知っている人は知っているが」「その先は考えている」ってのは「遺伝子重複からやり直してね」に続く定番ヒットフレーズ。
とりあえず「守秘義務で言えないけど、ちゃんとした専門家はあっと驚くことを考えていますよ。だから外野のセキュリティゴロの言う事はダサいね」ってのは、ディスクロージャー精神に溢れまくって一周しちゃったポリシーなのか?
お上の言う事に間違いはございますまいから。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/06/14/4.html#200306144
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-06-14 00:00:00 By otsune

#5 [www][unix] @IT DNS Tips_

〜Domain Name Systemを理解して使いこなすためのTips〜
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/06/14/5.html#200306145
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-06-14 00:00:00 By otsune

#6 [www] 「ゲーム脳」徹底検証 斎藤環氏に聞く ゲーム脳の恐怖1_

誰が書いたのかと思ったらゲイムマンか。
前にallabout.jpでゲーム脳の反論記事を削除されたことがあったから、引き下がれない。この姿勢はあっぱれ。
リクルートが親会社だし、会社的に削除させられたんだなぁ。記事を引っ込めたときはヘタレとおもったけど。そういう事情だったのね。

6 トンデモ本と宣伝:

そういえばすごい昔に「蓄膿症は治る」とかの書籍もベストセラーになったけど。
結局書いてある事は、自分の経営する健康食品通販の宣伝だったんだよね。黒酢を飲むと治るとかそういうことばっかり理屈もなしに書いてあった。
結局、なにやら逮捕されてニュースになっていたけど。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/06/14/6.html#200306146
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-06-14 00:00:00 By otsune

#7 [blog][www] 「銀河通信なブ日記」vs「コジャレblog」_

「自分はとにかくカッコイイ」と根拠なしに思っている人に「そうじゃない」と説得するのは無理ですって。だって、「自分がカッコ悪い」なんて「真実」を信じるメリットがないですもん。
これ重要。
正しいかどうかよりも、かっこ良くて気持ちいいかどうかで選ばれます。

7 本当にかっこいい人はかっこいいスタイルをしなくてもいい:

本当のセレプなナオンは、自分がセレブであることにマジで気が付いていないのと一緒で。
本当にかっこいいひとは、素の行動が既にかっこいいので、無理にかっこつける必要がありません。
コピーライターの仲畑貴志が、とことんまでプロの技を追求すると最終的には単純化されて「おいしいですよ」みたいな宣伝コピーになっちゃう。というような事を言っていましたが。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/06/14/7.html#200306147
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-06-14 00:00:00 By otsune

#8 [www] 同人誌と著作権_

そういえば、日本では *1 まともな著作権教育をしていないよね。
ニュースとかで「商法違反でコピーグッズ業者が逮捕された」とか、その手の見せしめ逮捕じゃないと知識として学ぶチャンスが無いような。
余談だけど、その昔に「日本全国に12人の幼なじみがいる、せつなさが炸裂するゲーム」というのがあったんだけど。
なんか岡山だか広島のほうで、パチモノグッズを大々的に売りさばいているサークルが出現して、窪田さんが大激怒したんだよね。
んで調べてみたら、リアル高校生が無邪気に怪盗モヒサ(仮名。キャラクター原画師)の絵をまんまピーコして、DTPでデザインしてグッズを作っていた。作品のファンだったのね。
自分で書いた同人グッズなら、まだ「黙認」という事例もあるのだが。原画をピーコしちゃまずいだろって。んで問いつめたら「僕達はせつなさが炸裂するゲームを愛していますから。ちゃんと原画を尊重してそのまま使っていますから著作人格権も侵害していません」とか素で答えてきたんだよね。
ありゃりゃ。ってずっこけたけど。
*1: って、たぶん世界中でも同じかもしれないが

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: 同人誌と著作権 by オートメーション    2003/06/15 20:52
版権キャラクターのイラスト等を載せている個人のウェブページで (c)東映だの(C)...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/06/14/8.html#200306148
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-06-14 00:00:00 By otsune