hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年08月 来月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


2003年08月01日(金) [長年日記]

#4 [www] これは『サイエンス誌』にも載ってるでしょ_

科学雑誌の論文を自説の補強に使う時に、こんな安易で曖昧な記述をするのは褒められたもんじゃない。
もちろん「Scientific American Jan 2003の○○という論文によると」って、常に会話でも出自とデータを確認しながら説得しなきゃダメだ。とは思わないけど。
このカウンセリングという場合で、科学雑誌を引き合いに出すのは。「むかしの中国のお話で」とか「コーランにも出てくる悩みで」みたいな、ハッタリというか興味の誘導行為だと思うから。別にかまわないといえばかまわないのだが。
それを考えると、科学論文も歴史本とか宗教とかと同じ扱いだよなぁ。
「ローレンスリバモア研究所の発表によると」とか書いてある通信販売のチラシと一緒か。
本来の科学とか技術って、こういう用途で使われる分野じゃなかった気がするけど。
ソクラテス ピタゴラス教団 *1 の時代から錬金術師をへて現代にいたるまで、哲学とか宗教と科学技術ってのはもしかして不可分なのか?
スーパーハッカーは魔術師で、オープンソース思想を広める人は司祭か伝道師か。

4 すごいことやってても、みんなが興味なければすごいといわれない_:

最近の「namazuの作者。正直知らなかった」って話題とか。中国昔話の「上医は病気になりそうな気配がするときに直してしまうから、上手いかどうかシロウトには解らない」ってのと似たような話にも感じたり。
いつの時代でも「評価できる技術と知恵を持った人材」ってのが生命線なんだな。
シロウトには評価できないことが沢山有るもん。
雲の上でゴニョゴニョしているのを眺めて、たまにポロっと落ちてくるのをすくい取るのが精いっぱいだよ。
*1: 素でボケていた

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: これは『サイエンス誌』にも載ってるでしょ by じょうの    2003/08/02 02:00
つまんない突っ込みですが、ピタゴラス教団では。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/08/01/4.html#200308014
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-08-01 00:00:00 By otsune