hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年09月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


2003年09月07日() [長年日記]

まぁ、「ソーシャル」とかその手の黒い冗談は、客が引いたら芸人の負けということで
予定
  • カーローン引き落とし

#1 [www] もの書き / RYU's SPECIAL BOARD_

徳保隆夫さん_ のサイトから。
どうもWeb Site Design誌に載せたCSSの解説記事をWebページに公開したときに「内容を編集・改変等したものを(してなくても)、許可なく勝手に公開することはできません。」 と許諾条件を付けた事に関する議論らしい。
記事をWebで公開したのは、視覚障碍者からのリクエストで読み上げブラウザを使って音声で読めるように。というのがきっかけで。普通のブラウザでも読んでもらえれば良いと思って公開したそうだ。
これってあれでしょ? 前にnihonLinuxで話題になった「 GGPL_ みたいな悪用禁止ライセンスは無意味」という議論と同じような。 *1
内容が普遍的なCSSとWebデザインの解説であるから。同業者が似たような解説文を書いたら「内容を編集・改変等したものを許可無く公開した」ということになるのか?
そもそもその記事自体が、W3Cだとか規格を元にした記事なんだから……
というような話なのかな? 議論の論点がよくわかんないけど。
個人的には、普遍的なシステムをシロウトにも分かりやすく記事に書くってのは、すばらしい才能で。本人が著作権を主張するのならすればよいと思う。
「買って来た雑誌に書いてあった事を参考にして、自分の記事を書いた」ってのと「日経サイエンスの数学コラムでネタになっていた話題を、2ヶ月後にほぼそっくりそのままLOGiNの空想科学コーナーでパクって書いたS野司さん」ってのの間には、大きな隔たりが有ると思う。 *2
この例で言えば、法的に言えばS野司さんはシロだけど。(自分なりにログイン読者むけに自分の文体で書いていたから)
もしダクラス・ホフスタッターがLOGiNを読んで「法的には問題ないかもしれないけど、元ネタを書いた私は気分が悪いね」と言ったら、まわりの皆は納得するし同意する。
この例の場合、気持ちとしてどうか? という点が議論の分かれ目だよね。
リスペクトして、さらに個性や手間が入っていればパクりもOk。だけどフリーライダーは気分がわるいし応援できない。と。
しかし、それを許諾で表現するのは難しい。それこそnihonLinuxの「悪用禁止・俺ライセンス」の世界になってしまう。それだったらいっその事「フリーライダーもリスペクトも全部オープン。そのかわり評価は皆がしてくれ。フリーライダーは蔑んでくれ」という感じ?
*1: 著作権者が逐一判定を下す「俺ライセンス」以外に、どれが悪用でどれが適切な利用だか判断のしようがない。音楽や小説のような、その人に限ったユニークな分野の著作物ならともかく、「CSS解説」という大人数が関わっている分野で、そんなことを主張できるのか?
*2: ちなみにパクったのかどうかを証明しろ。と言われても無理なので。あくまでも例として考えてくれ。元ネタの元ネタが学会とかで話題になったのを、それぞれが別系統で手に入れただけかもしれないし。

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: もの書き / RYU's SPECIAL BOARD by いわい    2003/09/07 15:08
そもそも「内容を編集・改変等したものを(してなくても)、許可なく勝手に公開するこ...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/09/07/1.html#200309071
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-09-07 00:00:00 By otsune

#2 [work][unix] make installworldでError code 64

4STABLEでxlが認識する事を確認したので、4.8Rにcvsupで戻してmake buildworld buildkernel。
そしてmake installkernelは問題なかったけど、installworldでError code 64が出て上手く行かなかった。
/usr/src/Makefile.inc1を見ても、ピンと来ない。
検索したら make installworld Error code 64 / freebsd-stable_ で 「ln /bin/test /bin/[」してみて。というアドバイスがあった。
/binをみてみたら[はあるがtestが無い。ln /bin/\[ /bin/testしたら上手く行った。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/09/07/2.html#200309072
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-09-07 00:00:00 By otsune

#3 [win][www] コマンド・プロンプトでイベント・ログを表示する_

対象OS Windows XP Professional / Windows Server 2003って。
HomeとXPの違いの一つ?

3 オフラインで修正プログラムを入手・適用する_:

作画の初重さんのPriusが、SP1をあてたらWindows Update出来なくなったのに対応できるな。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/09/07/3.html#200309073
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-09-07 00:00:00 By otsune

#4 [www][neta] どうせネタなら 「ええもちろん冗談ですが何か?」 と身をかわして終わりなのではなく、岡目八目決め込んで馬鹿地図並の参加型エンターテイメントに仕立てあげるくらいの芸を見せてもらいたい_

こう言う事書くと「ああ、おっさんになったなぁ」と思うのだが。
ちょっと若い世代にとって「お笑い」ってのは、一番評価ではなくなっちゃっているのかなぁ?
オレなんかは スタンダード 反社会学講座_ とかDIME.txtみたいな。「笑わせる屁理屈」みたいなのが、ノリとしては最高にかっこいいと感じているのだが。
罵倒・恫喝はかっこ悪い。そして「マジ切れ」もキレな奴の負け。
どんなに逆境になっても、どんなに悪趣味なツッコミをされてムッとしても。
その悪趣味を上回るウィットとギャグで、逆に相手や観客を笑わせて主張を通す。ってのが最高に才能あふれるカッコいい姿だと思っているんだけど。
なんつーか、80年の漫才ブームの頃にめちゃくちゃ直撃して育っているからかなぁ。
その前の世代の、俳優とか歌手がふんぞり返ってニヒルになっていたり、愛とか正義を主張しているようなイメージって、正直カッコわるいと思っちゃう。
もしかしたら、あこがれの対象は「お笑い」では無くなっちゃったのかなぁ。
皮肉と悪意に満ちた毒のある屁理屈で、パラノイアに分析しなくちゃ *3 出来ないようなせせら笑う文化は流行らないのか。
*3: J-oさんが、漫画雑誌の常連投稿者をチャート式に分類したみたいな、粘着質なネタとか

コメントを読む(2) [ コメントする ]

どうせネタなら by DAC    2003/09/07 15:23
感覚的に俺とotsuneさんは多分同じ世代ですね。 ただ、笑いを取るというのは非常にリ...
Re: by jouno    2003/09/08 00:32
http://d.hatena.ne.jp/jouno/20030907#1062942689
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/09/07/4.html#200309074
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-09-07 00:00:00 By otsune

#5 [blog] 「研究会」というと、すごく硬いイメージで、初心者おことわりになりそうだし。もうちょっと既存のイメージと離れた言葉ってないんでしょうか_

jbaが無くなる前にjbaの集まりには行ってみたかったなぁ。
それはさておき。
そういう集まりはアメリカでは「BOF (bird of feather)」と呼ぶらしいぞ。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/09/07/5.html#200309075
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-09-07 00:00:00 By otsune