hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年09月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


2003年09月24日(水) [長年日記]

#6 [anime] アニメ会社が求人をして、設備費やソフトウェア代金をあらかじめ徴収。仕事を割り振ったら元が取れるというシステムは「業務提供誘引販売取引」になりクーリングオフの対象になりかねない

実際に仕上げ(色塗り仕事〕をするためには、最低でも5万円の牛丼パソコン + 2万円ぐらいのモニタと、6万円するPaintmanを手配する必要がある。
そして動画の塗り分け指定をみて、色パレットから彩色する技能を身に付ける必要もある。(コストとしては、この研修・教育にかかる手間が一番でかいだろう)
だから見習いの人に20万円以上の現金を供託金のようなかたちで徴集して、機材を供与して研修。その後に仕事をしてもらうというのは、それほど不自然ではないように感じられる。
しかし、こういうシステムは「内職商法詐欺」でさんざん悪用されているので、クーリングオフの対象になっている。
パソコンやソフトウェアなどの設備は、会社が用意するほうが健全だ。
ドングルの借りパクを防止するには「保証金」の形にして。もし退職したら全額返還するのが良い。
こんなことを書いているが、アニメ業界で内職システムを取り入れている会社のシステムはよくは知らない。業界的には、あまり一般的では無いような気が。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/09/24/6.html#200309246
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-09-24 00:00:00 By otsune