hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年10月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2003年10月06日(月) [長年日記]

あっ、言い忘れていたけど。横須賀市ではクボヅカみたいなのはあんまり珍しくないってこと。忘れちゃいけないよぉー

#18 [www] なんで日本ではそんなに中古に価値を認めないんだろう? 10万キロを超えたクルマはヤバイとかみたいなのが常識になっちゃってたりするけど,本当にそうか? 外国ではそんなのブンブン走っているぞ。_

カリフォルニアだと、鉄板をガレージに放置していても錆びずにそのままらしいですけど。
日本だと確実に赤錆だらけに成ると思います。
10万キロ走るころには、車体もボロになっていて。カリフォルニアみたいにエンジンリペアして乗りつづけても、シャーシがついてこなくなると。
「オートメカニック」誌の受け売りですが。
昔GMが、エンジンの磨耗は大半がセルスターターを回すときに発生することを突き止めて。エンジンをかける前にシリンダーにオイルを噴射する装置をつけてみたら。
見事に30万キロぐらい平気で走るエンジンが作れたそうですが。
そんな長持ちする車を作っちゃうと、新車が売れなくなってしまうので、お蔵入りにした。……なんていう都市伝説もあったりするそうです。
デュポンが ナイロン_ からストッキングを作るときに、丈夫なナイロンを簡単にデンセンして履けなくなるような弱い製品にしようとして。必死に「わざと破けやすい弱いナイロン繊維を作る」という開発をしたよ。……という伝説とおんなじような話か。
ようするに、エンジンは10万キロぐらいでリペアしないと効率が悪くなってボロになる。
さらに日本では車体が錆びてくるので、車体もリペアしないとボロになる。
カルフォルニアではエンジンさえ直せば、車体はまだOkなので古い車でも平気で走れる。でも日本だと、全部修理になっちゃうと。
あと車検制度が古い車の維持費を押し上げていたりとかも。
それと、中古車の本当の価値を見抜くためには、自作パソコンで例えて言えば、マザーボードとチップセットとオーバークロック耐性の高いCPUを見抜くような「マニアの眼」が必要になると思います。
そしてブローカーで飯を食っている人がいるようなジャンルでもあります。
そんな中で「値段なりの中古車」をマニアじゃないのに買える人は幸運だと。悪徳中古車屋にだまされるリスクもある。

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: なんで日本では... by k2n    2003/10/07 05:07
サンフランシスコ近辺に住んで5年になりますが、この辺りは南カリフォルニアほどには...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/10/06/18.html#2003100618
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-10-06 00:00:00 By otsune