hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年10月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2003年10月11日() [長年日記]

#3 [home][www] お笑いパソコン日誌の駄反応から

お笑いパソコン日誌は項目ごとの永続的リンクが貼れないので、とりあえず非リンク。
項目枠のCSSを弄っている暇があるなら永続的リンクを ……いやいや、それは冗談として。
(ブラウザの横方向が足りないと)行の尻が切れて文字が読めなくなってたりするサイトがいっぱいあります。リンク先もそうだが。
早速追試。おおー本当だ。
というか今見てみたら、h2要素とかにバリバリfont-size: px指定が残っているぞ。
2000年の12月31日に猪木祭りを見ながらtdiary-hns-themeに移行して、めんどくさいから放置していたのか。
こりゃ指摘されないと気がつかなかった。

3 どうして他人のWebサイトのCSSやらタグのミスを指摘しないのだろうか?:

というかわざわざ指摘する時点で「そのサイトにpatchを投げる手間をかけている」ということだから、好きでも嫌いでもないどうでもいいサイトは放置するんだけど。
あれかなぁ。
DTPやビデオ編集みたいな、いちど印刷したり編集しちゃうと取り返しのつかないようなメディアの人にたまに見られるような。
「ミスを指摘する」→「おめぇはこんなミスしていやがるぜ。だせぇーぇー」
とバカにされていると感じる人が多いからだろうか。
Webサイトなんてのは、いつでも好きなように修正できるのだし。
どっちかというと「きちんと計画して完璧なタグとCSS構造で出荷する」というノリよりも「とにかくhtmlとCSSを書いて、バグが出たら随時修正する」という文化のほうがあっていると思うのだが。
間違いを指摘されたら、ファイルを消して最初からなかったことにしたり。
アナログの取り返しがつかない文化を引きずって、自己保身のイイワケをしても意味が無い。
デジタルなんだから、どんどん指摘して指摘されよう。そして指摘には感謝感激。

3 pre要素が右に切れるのはどうすべぇ:

pre要素ってのは
こういう風にリストを書くことなんだけど
これは折り返しで改行しちゃいかんから、右にはみ出して見えなくなるのが正常な動作らしい。
scrollbarを指定したりすると、悪名高きIE5 for MacのCSSバグでまったく見えなくなったりするから、CSSコミューン方面ではブラウザごとにCSSを切り替えて回避したりしているようだ。
すげぇなぁ。

3 項目タイトルにurlが有ると、折り返ししない:

http://www.dnsreport.com/というタイトルがあったので、文字最大で横600pixelぐらいにIEを縮めたら、本文に重なっていた。
折り返しするプロパティword-break: break-all;を入れてみたけど。
ちょっと色々なブラウザでチェックしないとな。

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: お笑いパソコン日誌の駄反応から by ありみかさとみ    2003/10/11 19:52
MacIE5に対してのみ無視させるだけであれば、その解釈バグを利用した「バックスラッシ...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/10/11/3.html#200310113
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-10-11 00:00:00 By otsune