hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年10月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2003年10月11日() [長年日記]

#7 [www] 鏡越しのコミュニケーション / 辺境から戯れ言 − Personal Page of Spiegel_

また私が「まつもとさんだから」と書いたのに対応して「どちらかというと凡庸な部類」と答えられたのでは,それは私が「凡庸以下のクズ」であると言っているのと同じだ。まぁそのおかげで更に反論する気が失せたのだが。
オープンソースプログラマとして飯を食っているMatz氏が、謙遜的に(というかオレには謙遜としか思えなかった)
より正確な言い方をするならば、「私の現在のポジション」は特別だが、私というエンジニアはそれほど特別ではない。技術力という観点からみれば、どちらかというと凡庸な部類だろう。
書いた_ ことに対する荒川氏の心情の露呈。

7 「謙遜」というよりはMatz氏の「オープンソースプログラマになる事自体は困難ではない」という主張なのかも:

このあたりのオープンソースでどう飯を食うか? という問題は、現在進行形で議論されているから、単純にこうだと言い切ることは難しいだろうけど。
結局、プログラミングに限らず「シノギ」の話題なので、必勝法とか一般論というのはありえないと思う。
強いて例外を言うなら、生まれつき資産家の家で育ったり、特許の遺産を受け継いだりしているのなら必勝法といえるだろうけど。
F1レーサーになったり、オープンソースプログラマになるには、金持ちの庇護を受けないと無理だ。という時代である。問われるのは技術力ではなくシノギが確保できているかどうか。……今はまだその一面はあるんじゃないかなぁ。
「シノギ」に関しては個人個人で状況が違いすぎて、一般論として論ずるのが難しい。

7 CNET Japan - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:僕がこの連載でやろうとしていること_:

シリコンバレーでは、ギーク(技術者)とスーツ(経営者やビジネスマン)は永遠にわかりあえないものなのだ、という達観がある。
わかりあえない、なんて生易しいものではなく、互いに憎しみあっている場合も多い。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/10/11/7.html#200310117
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-10-11 00:00:00 By otsune