hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年10月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2003年10月21日(火) [長年日記]

#4 [www] 適当なメールマガジンをでっち上げて、spam用に生きているメールアドレスを洗うテクニック?_

「変なメール」。
当り障りの無いメールマガジンをでっち上げて、その購読希望手続きを勝手に行う。
そして「購読を希望されない方・他人のいたずらで勝手に登録された方は解除手続きを取ってください」というメールを送る。
そうすると、生きているメールアドレスは解除しにやってくるだろうから、洗い出しが出来る。
なるほどねぇー。
世の中には、本当に手間隙をかけられていない悪意の無いダサいメールマガジンが実在するからなぁ。
こういう悪意のあるテクニックとは区別が出来ない。
これに対処するには、無視をするしかない。
本当にメールマガジンの購読が始まったら、受け取って即座にゴミ箱行きにする。ベイジアンフィルターとかブラックリスト型フィルターに登録するのでも良い。
MTA管理者なら該当メールマガジンからの送信をsmtpではねるのでも良い。ただフリーのメールマガジンサービスを使って悪意のあることをしていたら使えないな。
辺境から戯れ言_ から

4 申し込み時のIPアドレスを明記している購読申し込み確認メールもあるけど:

でもランダムに偽証されたら意味ないしなぁ。
メールマガジン運営側にしつこく食い下がって「信用できないから、購読申し込みのメールヘッダーログを見せてくれ」って言うぐらいしかないもんな。
Recievedヘッダーをさらに偽造されるだろうけど。
多分、この悪意のある運営者のひとつ前のMTAを、どっか訳のわからない国のIPを使って「どうやら○○という国のspam業者が行っているみたいです」と言い逃れするだろうな。
「だったら、ブラックリストに入れろ。訳のわからない国から行動希望メールを受け付けるのか?」
と言ったら「サービス申し込みを制限するつもりはありません」とか適当なこと言って。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/10/21/4.html#200310214
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-10-21 00:00:00 By otsune