hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年11月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


2003年11月02日() [長年日記]

#1 [www] 技術者は作るのが「一番の仕事」で「喋るのは余計」とも言えると思います。_

オレはこう思います。
技術者の一番の仕事は、確かに技術を用いて作ることだと思いますが。
それと同率一位で「喋る事」……言い換えると「その技術について説明すること」も重要な仕事だと思います。
ライターさんや新聞記者ってのは、超エリート能力者しかできない難しい職業で。
ありとあらゆるジャンルにわたって調査したり理解して、分析する能力を求められていると思います。
もちろん専門家は専門バカであるがゆえに、ライターさんは太刀打ちできないのは当然で。
「それが出来るわけではないが、そういうことがあることは知っている」という風なのがライターさんではないかなぁと。
そして技術者は。
世の中でその人しか理解していない技術なんてモノは、ある意味で無意味で。
きちんと「喋る事」が出来て、初めて技術が生きてくると思います。
ゲーム専門学校に入学しようとしているワナビーくんが、よく勘違いしていますが。
「天才クリエーターになれば他人とのコミュニケーション能力が多少低くても、その才能だけで周りの人が話を聞きに来てくれる」と妄想みたいなザレ事を言ったりしますが。
本当の天才ってのは逆で。
能力的には決して世界トップでないが。アピールやコミュニケーション能力が高く、大勢のスタッフを巻き込んでよい仕事が出来る人のことを「天才」というのだと思います。
「天才」を「優れた技術者」と置き換えてもいいです。
喋ること・アピールすること・コミュニケーションすることをないがしろにするのは、決して良い技術者では無い。
もちろん「ゲーム制作者は良いゲームを作るだけではなく、雑誌の記事も書きましょう」と言いたい訳では有りません。
オレにはdakiniさんの言っていることが「日本には質の良い政治報道誌が無い」「日本では難易度の高い科学雑誌が売れない」というのと同じような意味で「能力の高いゲームライターが少ない」と言っているように受け取れました。
ライターに技術者になれと言っているのではなく、ライターはライターとして高いレベルに成ってほしい。と言っているのではないかと。

1 embrace the conflict -- 葛藤を楽しもう_:

再リンク
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/11/02/1.html#200311021
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-11-02 00:00:00 By otsune