hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年11月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


2003年11月06日(木) [長年日記]

#10 [anime][www] アニメのビデオ化、声優に追加報酬必要…360人勝訴_

 テレビアニメの声優360人が、「ちびまる子ちゃん」などアニメのビデオ販売に伴って追加報酬が支払われないのは契約違反だとして、映像製作大手の日本アニメーション(東京都中央区)と、子会社の音響映像システム(港区)に計約8700万円の支払いを求めた訴訟の判決が6日、東京地裁であった。
 滝沢孝臣裁判長は「劇場公開の場合には追加報酬が支払われてきた経過からすると、ビデオ化の際も支払い義務がある」と指摘し、システム社に請求全額の支払いを命じた。日本アニメーションへの請求は棄却した。
 訴えていたのは、日本俳優連合(日俳連、港区)に加入している声優で、「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎役などで知られる野沢雅子さんや、「魔法使いサリー」のパパ役を務めた内海賢二さんら。
 判決によると、日俳連は1981年10月、システム社が加盟する日本音声製作者連盟との間で出演条件を定めた協約を結び、作品を目的外使用する場合には声優に使用料を支払うことを決めた。しかし、アニメーション社が製作し、システム社が音声を担当したテレビアニメ31本がビデオ化された際、使用料が支払われなかった。
 判決は、「ビデオ化も協約の『目的外使用』に含まれる」と認定し、「使用料支払いは再放送を想定しており、ビデオ化については協約は無効」とするシステム社側の主張を退けた。一方、アニメーション社への請求については、「声優への報酬支払いは、音声製作会社に責任がある」として認めなかった。
(2003/11/6/16:22 読売新聞 無断転載禁止)
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/11/06/10.html#2003110610
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-11-06 00:00:00 By otsune