hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年11月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


2003年11月25日(火) [長年日記]

#1 [neta] 碁会所の話

オレの母親は囲碁にハマって碁会所に通って居るのだが。
ある時、70歳過ぎの老紳士から名刺をもらったとか。
そこには「元社長」という肩書きが書いてあったそうな。
ううっ。金谷ヒデユキの歌が聞こえてくるようだ。
♪元社長ってなんなんだー
♪安部譲二は元ヤクザ
♪浦辺粂子は元小学生
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/11/25/1.html#200311251
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-11-25 00:00:00 By otsune

#2 [neta] 「学校の生徒としては最適だけど、会社で仕事人として生きていくのはツライ性格」の話

妻から、とある若者の話を聞いた。
その若者は目上の人間の言う事をよく聞いて。
素直で粘り強く。頑張って仕事をしていた。
でも。
「仕事を一つ終わらせても、上司からハイと言われて受け取られるだけ。どこが良いのか教えてくれない」
「逆に仕事がダメな時は怒られる」
「どんどん仕事が増えて行く一方でつらい」
……と、T.UTUになって会社に行けなくなってしまいました。
学校の生徒としては非常に教えやすい性格だと思いますが。
才能で喰って行く職業で、自分自身を鼓舞して *1 行けないのはツラい。
ちなみに「仕事が増えて行く一方」という証言から想像すると、この若者は能力的には問題は無かったのだと思います。ただ問題だったのは「性格」だったと。
さて。
一旦仕事場に入ったのなら、素晴らしい仕事が出来て当たり前。上司はわざわざ犬の調教師みたいにわざとらしく誉めたりしません。
逆に仕事がしくじっている時は、きつく叱ります。それは技能が未熟な事を叱って居るのではありません。新人が未熟なのはみんな理解しています。
失敗する前に、失敗しそうな事を相談しないで進めてしまう「くそマジメさ」を責めているのです。
学校の先生は、「相談をしないで手が煩わせずに必死に努力したこと」を誉めてくれたでしょうが。
そんな無駄な努力は仕事場ではあまり意味がありません。
こういう性格の若者は、職場をちゃんと選べば何も問題は無かったのかもしれません。軍隊とか、公務員とか。
でも、何かを作る系の職場には向かない。
褒めないとT.UTUになるぐらいメンテナンスコストがかかる新人。大抵のそれ系の職場では、そういう人材を飼っていくノウハウが無いと思います。
生き残りやすいのは、ずるくて良い意味でサボりが上手。結果さえ良ければ過程は問わない。目上に褒められるよりも、お客に褒められるのが嬉しい。自分が考えた方法で仕事をして、失敗して怒られたとき。
「どうして相談しなかったんだろう」と反省するのはダメ。
「どうしてあの方法で失敗したんだろう。どうして上司にバレたんだろう」と変な方向に懲りているほうが生き残りやすいです。
*1: 別の言い方で言うと「若い時に独特のまったく根拠の無い自信」って奴。自己陶酔能力。調子良くオッサンになったら不要
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/11/25/2.html#200311252
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-11-25 00:00:00 By otsune

#3 [work][unix] Diff for /mpd/mpd/doc/trouble.sgml between version 1.7 and 1.8_

I'm using mpd as PPTP server for Windows XP clients, when accessing bigger websites, or listing larger ftp directories, then the connection seems to hang.

Windows XP insists on a very low MTU (usualy 1396 Bytes), this needs fragmentation, if bigger packets should be transmited over the link.
Fragmentation is negotiated at ICMP level, if there is a bad router somewhere in the network, who drops such packets, then the connection seems to hang.

For TCP connections it's possible enabling the TCP-MSS-Fix:
set iface enable tcpmssfix
(available since mpd-3.15).
ということなので、mpd-3.15_1にportupgradeしているBフレッツルーターの/usr/local/etc/mpd/mpd.confに
set iface enable tcpmssfix
を追加する。
これでIPsec越しのPOP3で、メールが詰まるという現象も解消されるのかもしれないなぁ。

3 変化無し:

うーん。原因は別か
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/11/25/3.html#200311253
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-11-25 00:00:00 By otsune