hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2003年12月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


2003年12月08日(月) [長年日記]

#3 [www] はてなダイアリー - ひとりごと。:「そういう同じ嗜好の人には見られたくても一般人には見つかってほしくない同人ニーズ」_

なんか懐かしい話の展開だ。リンクフリー論とか、マッド動画系Webサイトには無断リンクを張らない礼儀論とか。あと腐女子系の同人サイトとか、ヤオイ系なりきりチャットのURLも、むやみにリンクを張らない文化があるみたいな話を思い出した。
それこそWWW原理主義者 *1 は「Webサイトは公開するために作られている」としか考えていない。
んでリンクは絶対ダメという「BASIC認証して仲間内だけで新陳代謝が無いWebサイト」と、リンクはバリバリしてくださいという「WWW原理主義」の中間の。
「同好の士だけが見てくれるWebサイト」「自分の書いたことの揚げ足を取ったり、ややこしい批判メールを送ってくるようなウザい奴に粘着されないWebサイト」っていう、自分こそ勇者だよ主人公だよ最後にはヒロインが全員自分に惚れていて当然だよ、というファミコン世代にピッタリな「全人類総貴族」というニーズを満たす技術は必要なのだと思った。
そういう意味でAOLとかみたいな囲い込み戦略を取ったりして、客の傾向をフィルターしたり。
さて。
純粋なハッカーというか技術者は、オープン思想に恩恵を受けて「公開したくないよ。誉めてくれる人だけ読んでくれ」という貴族思想はあまり認めたがらない傾向があるから。
どっかの商売人が「この貴族層を取り込めば商売になる。つきましては技術者を金で丸め込んで、誉めてくれる人しか読めないWebサイト支援技術を開発させよう」と行動しないと、貴族層に取ってはあまり事態は進展しないかも。
残念ながらWeb技術の世界は、Web技術者が好きなように進化しちゃっています。
不動産の業界が、不動産屋と大家が好むような礼金制度という商慣習システムに進化したように。不動産の業界は、入居するお客よりも大家のほうが取引が長くなるために、大家びいき商売になって客が冷遇されるという傾向がある。
つまり「持たざるもの」には厳しい。

3 いったんまとめます:

リンク集をざっと見て、印象に残ったのが「アクセス制限? パスワード認証? それは誰でも出来ることではないよね。それをAにやれというのは酷な事だ」というニュアンスの意見。
これ技術者の立場で言いたいのですよ。
「酷な状況だったら、そのメンドクサイ状態をなんとか自分たち素人の手でも扱えるように行動しようよ」ってこと。
htpasswdコマンドでパスワードファイルの生成なんかは誰でも出来ることじゃない。出来ないなら出来ないなりに、代替手段を訴えようよ。
アクセス解析が出来ない貸しサーバーには、ごんごんリクエストをしようよ。
金を出しているのなら、要望もどんどん出そうよ。
リクエスト行動を起こさずに「リンクを貼る人が節度を持とう」とか言い出して、万が一にも「そうだそうだ。そういうマナー運動をしよう」なんて方向に持っていかずに。
技術者のケツを叩かないと。
彼らは言われなければ、決して素人に技術を教えようとしない。
*1: W3Cにあらず
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2003/12/08/3.html#200312083
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2003-12-08 00:00:00 By otsune