hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2004年01月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


2004年01月15日(木) [長年日記]

#1 [neta][unix] Wikiに対する荒らし

Linux Magazineの2004年1月号のMatz氏の連載「探訪Ruby」で、Wikiに対する荒らしには何があるか? という話題が書いて有ったが。
記事で述べられていたモノ *1 だけがWiki荒らしではない。
「更新履歴荒らし」というのがそれだ。「diff荒らし」とも言う。
個人情報や電話番号や誹謗中傷など、とにかく目に触れさえすれば良い言葉をWikiに投稿する。
当然、それを目にした善意の人がその記述を消す。
だけど履歴には「この文章が消された」という情報が残る。その履歴は誰からも閲覧できる状態で放置されてしまう。
Wikiエンジンによっては問題にならない場合も有るが、履歴が多段階扱えるエンジンだと設置した管理者でないと根本的な削除が出来ない。
(履歴が直前のものしか表示しないWikiエンジンであれば、流してしまえる。まぁ荒し書き込みを連続されると正しい履歴も流れてしまうという諸刃の剣ではあるのだが) もちろん履歴を見る人間は限られているという意味で、あまり深刻なことではない。
結局は設置者である管理者が、しかるべき完全なバックアップやら履歴を持っているので、すぐに対処できるのだが。

1 もう一つのWiki荒らし:

ファイルアップロード機能のあるWikiに画像をアップロード。それを外部のサイトからIMG SRCタグでリンクする。
どうもサーバー容量に限界の有る無料貸しサーバーのユーザーが、裏技的にそういう行為をしていたらしい。
.htaccessなどのアクセス制限で対処する。
またWikipediaで起こった荒らし。
「口内射精」などのキーワードを登録して、外部のエロ画像にリンクを貼る。
Wikiから外部への画像リンクを無効にすることで対処する。
*1: よく参照されるページにゴミを書き込む・役に立たないページを作る・ページの内容を消してしまう(Linux Magazine 2004/01 p.144)
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/1.html#200401151
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#2 [www][book] Radium Software Development: Dungeons & Dreamers_

オレみたいな遊撃手とかログインとかTACTICSとかGame Graphixを読んで育ったオッサンは確実に読まなきゃ駄目っぽいオモシロ書籍じゃん。
RPGとパソコン好きには。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/2.html#200401152
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#3 [www] 悪徳商法?マニアックスのgoogle消えはクレームだった_

しかし「本質を全く見ようとしない方」って嫌味を言うのがbeyond風。
Webなんてのは技術的に起こりうる可能性を、諸説入り混じって論じるほうが面白いと思いますよ。
もちろん他意はない説として。
beyond氏は他意有りまくりの電波擁護論(多分悪徳業者の自作自演)とかと、悪マニ掲示板とかメールで戦ったりしてそのあたりの「この人は善意 or 純粋に技術論で可能性を探っているのかも」という受け取り方がしにくくなっているんだなぁ。と思った。
もちろんbeyond氏の「たしかな目を持て」というのは「悪徳業者の自作自演の電波擁護説だって、善意の第三者のようなフリをしてネットにかかれるのだから。技術的にインデックスが消えたのでは? という説を無条件に素直に信じるな」という意味なんだろうけど。
しかし、話は変わるけど。オレとかとゴニョったあの会社が、googleに対して「詳細情報を記載した署名入り文書を弊社法律部に提出」したとは思えないなぁ。
最近この手のクレーム受付の仕組みを変えたのかな?

3 「技術的な可能性」だけしか考えない(根底には、考えたくないと言う心理)のは、いかにもバランスが悪いと言うことですよ。:

いわゆる「Google八分の刑」の話題で、「諸説」は出ていたと個人的に思います。
ちなみにオレは、判例アーカイヴと検索エンジン騒動という自分の体験によって、企業からクレームがついたらGoogleインデックスから削除される可能性は有る。とこの日記に記述していました。
でも「Google八分の刑」議論なんか知らん。日記でほのめかしてる程度のことで諸説有るとは言えない。とも言われるかも。
でもそうだとしてもbeyondさんの「本質を全く見ようとしない方」という嫌味は「後だしジャンケン」っぽいかなぁ。と個人的には感じます。
2chとか悪マニ掲示板の該当スレッドとかで、技術・SEO対策説と同じぐらい「クレーム削除説」を声を大にして書き込みしないと、諸説にならなかったのかなぁ。
技術的に原因が無いかどうかも考えずに、「株式会社WェDィンGのクレームで削除されたに決まっているジャン」と的確な予想をしても。
問題の切り分けをする。という学問の基本が出来ていないと思います。
もし裁判沙汰になったりしたら、Google側の弁護士は「HTMLソースにdisplay:none;が有ったのでSEO対策として削除しただけだ。クレームとは関係ない」と確実に証言材料として使ってくるでしょう。
もし技術パラノイド(クレーム説を想像できず、技術的な原因しか考えられない人たち)が居なかったら、これらのことは判明しなかったのではないでしょうか?
悪徳業者と、そいつらの自作自演に惑わされないということは一番重要なことですが。
それにこだわりすぎて、純粋な技術パラノイドに結果論で嫌味を言うのも「後だしジャンケン」だなぁと。オレは思います。
Googleの返事が来る前に「クレーム削除に決まっているだろ」とあらかじめ嫌味を言うのであれば「後だしジャンケン」とは思いません。その慧眼に驚くばかりです。

3 「google は正直だ」と言う前提は聖域:

今回の事例で、その聖域は崩されたわけです。
京都の会社以外の悪徳業者が、フォロワーとしてどんどんGoogleにクレームをつけてくるんだと思うとクラクラしちゃいます。
さて。コメントを受けて悪の最新情報の12月29日のトピックス以降を再度読み返しました。
ふと気がついたのは、beyondさんが嫌味を言うのに至った経緯と。オレの後だしジャンケンだと思った経緯が。それぞれ違う前提というか、思考に至る「こうあるべき」論の違いだった。という点です。
今回の京都の企業にまつわる状況証拠から言って、Googleのインデックスがクレームによって削除されたのは限りなく真っ黒だと。常識から考えればオレもそう思います。
自作自演の絶賛サイトが満載とか。タイミングが良すぎるGoogle消えとか。
こういう流れのうえだと「本質を見ない方」という言い方もアリだとは思います。
しかし技術者というか「問題の切り分け」という観点で見ると違いが出てくると。
ほぼ真っ黒な状態の、ごくわずかな反例を探すのが技術者です。
実際に「SEO対策」とか「Googleダンス」 *2 という、納得もできる説が出てきました。
こういう揚げ足とリをして初めて「どこをどう技術的に見ても、Googleインデックスから消える理由が見当たらない。状況証拠から言って99%はクレーム削除説だろうけど、技術的に言っても100%クレーム説だと思えます」と成ります。
beyondさんは状況証拠で、自分のたしかな目をもって考えろと。
オレは技術バカの目で揚げ足をとって、初めて断言しろと。
それぞれ違う前提で話をしていたのだから。
そう考えると技術バカ特有の「間違っては居ないかもしれないが失礼なこと」を言っているのはオレのほうなんだなぁ。
そんなバカバカしい揚げ足とりに、ちゃんと対応してくれたというのは非常に恐縮でした。
でもオレに取ってはとても有意義な思考でした。ありがとうございました。
*2: PageRankが変わる瞬間は、分散されているインデックスデータの同期に食い違いが出るため、数日間のあいだGoogleの検索結果から消えてしまったり順位が下がったりする現象。

コメントを読む(2) [ コメントする ]

Re: 悪徳商法?マニアックスのgoogle消えはクレームだった by Beyond    2004/01/15 20:11
「技術的な可能性」だけしか考えない(根底には、考えたくないと言う心理)のは、いか...
Re: 悪徳商法?マニアックスのgoogle消えはクレームだった by Beyond    2004/01/15 23:33
なんか長々と返された(^^;。念のためにお伝えしておきますが、otsuneさんは嫌味の対象...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/3.html#200401153
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#4 [anime] アニメエキスポ東京のお知らせハガキ

なんかゴッキーさんあてに会社に葉書が届いていたんだけど。
どうせならゴンゾに出したほうがよかったかも。
つーかアニメエクスポ運営会の持っている名簿情報って。
全部オグロンとかに確認してもらうのはいかがか?
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/4.html#200401154
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#5 [unix] japanese/squirrelmailのMakefileを修正したよ。とclement@FreeBSD.orgさんからメールが来た

CONFLICTを追加するためにslaveport-post-patchにターゲットを変更。
cvsweb_
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/5.html#200401155
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#6 [www][unix] BSD Diary Version 0.8091: FreeBSDのSMP HyperThreading_

/etc/sysctl.confにmachdep.cpu_idle_hlt=1は指定した状態ですよね?
前にUNIX USERかFreeBSD Pressの記事で「HTTを使うときはHALT命令を発行したほうが良いかも」という記述を見たことがあります。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/6.html#200401156
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#7 [book] UNIX USERのhowm記事でhns開発者が「osayo」になっている?

お小夜って誰だ?

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: UNIX USERのhowm記事でhns開発者が「osayo」になっている? by     2004/01/15 20:18
袴っ娘の絵を描いた¢お小夜さん http://www.din.or.jp/~osayo/ ……って混じれ酢して...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/7.html#200401157
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/8.html#200401158
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#9 [neta] その気になればメチャクチャな法案でも通せるシステムがけっこうバレバレに使われている?

去年までは広告代理店がサッチー騒動とか白装束騒動とか起こして、ヤバめな法案は通していたって気がしてたけど。
レコード輸入権は「レコード会社とJASRACとハマコーと任侠と芸能」みたいなネタが、あんま迷彩されないで話題を目にするような。
輸入権のやり方は、さすがに素人衆に訴えかけるネタだけに慎重にやりそうなもんだけど。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/9.html#200401159
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#10 [www] 「ゲーム脳」でgoogleすると、ゲイムマンのキーワード広告が出る

わざわざgoogleに広告費を支払って「ゲーム脳はトンデモだよ」ということを主張するゲイムマンの姿勢は興味深い。
センセーショナルなだけのトンデモ説を発表して、儲けて逃げるというビジネスモデルは、もっと批判されたほうが良い。という点は同意。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/10.html#2004011510
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#11 [www] コラム it@RIETI(04-1-14): no40:著作物の利用を促進するための制度の形とは?_

ヴァーチャルネット法律娘真紀奈17歳さんの記事。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/11.html#2004011511
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#12 [www] レコード輸入権 業界Vs消費者、創設めぐり綱引き_

再販制度があるのに輸入禁止をするのはどうなのよ? ということに成っている。
という記事。
中山教授が激しく指摘していることはニュースにはならないのね。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/12.html#2004011512
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#13 [www] 圏外からのひとこと: 処世術としてのポリティカルコレクトネス_

長いけど必読だ。
簡単に自分の感想を書くと。
これを重視しては本末転倒だと思っている事があって。まず「嫌われないために行動すること」。
誰からも嫌われもしないような人間は、ちょっとパワーが無さ過ぎる。
嫌われたり攻撃されるのに慣れていないから、無難な生き方をするというのは、かえって厳しい生き方なんじゃないかなぁ。と思ったりする。
そして「人類全員に被害をまったく与えないで行動すること」。
3万年ほど前から現在にいたるまで。そして未来も多分そうだと思うけど。
動物としての人類は、リソースの奪い合いをすることによって生きていると思う。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/13.html#2004011513
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#14 [neta] 例えば○○会社のCGIには脆弱性があるというのは「刑法第233条 信用毀損及び業務妨害」にあたるのか?

ここでいう業務妨害は、日本の裁判所で争うモノと。Googleのクレーム担当者が判断するモノの二つが有る。
人生的には前者のほうがより深刻だが。
ネット的には後者のほうが深刻だったりする。
クレームを付けてインデックスを削除する手段に「Google仮処分申請」と名前を付けるのはどうか?

14 小人さんへの置き手紙_:

65歳のパソコン教師の話題で、批判と戦ったサイトのひとつ。
そういえばどうなったのかなぁ。と思ったらその後の経緯は ALT 難民キャンプ_ に書いてある。
この事例は「無料貸しサーバーであるXreaとinfoseek」という例なので。サーバー側が事なかれ主義なのは現実的な所では仕方がないかなぁ。とも思えるが。
名誉毀損や業務妨害にあたる記述がなくなって「それならば登録抹消しません」と答えているinfoseekの対応は、まぁ納得できる態度だなぁ。
Xreaの場合は「とにかく揉めたら退去」というルールだから。(まぁそれはそういう規約で募集しているというのもあるし)

14 結論として「クレーマーとして振舞うのは人生必勝法の一つ」:

今ではロス疑惑で有名になった三浦和義さんのゴシップを書こうと思う週刊誌は皆無です。
京都でデート商法したり所轄の警察署に賄賂を渡して便宜を図らせたりと、なんでもいいから宝石を売り飛ばすのだって。クレームさえつけていれば、めんどくさがりなところは嫌がって逃げてくれます。
クレームを付ける選択肢を用意しないことは、憲法とか人権面から考えてもおそらく無理なので。クレーマーはその権利を乱用しちゃえば、いつでも必勝と。
考えてみたらSCOとかMicrosoftとかNTTとか武富士とかで証明済みか。

14 刑法 第35章 信用及び業務に対する罪 第233条には「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて」と明記してあるので、真実を書いた場合は該当しない:

○○会社のCGIに脆弱性が実際にあった場合、業務妨害にはあたらない。と考えられる。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/14.html#2004011514
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune

#15 [/.j][www] macセクションのyourCat氏の編集日記_

タレコミがどうして却下になったとかをスラド日記に書いている。
うーん。こういうのが欲しかったんだよな。スラドJに。
実際問題としていままでの無反応なシステムだと、どうタレコミしたらよいのかまったく分からないし学習することも出来ない。
却下に対する反論とか異論ってのもあるだろうし。
本家は権威付けが出来ているのかもしれないから「slashdot.orgは優れた判断をする多数のエディターが、タレコミを採用するかしないかを決定する。採用されるのはそれだけで名誉なことだ」みたいな正のフィードバックが働いているのかもしれない。
「slashdotのエディターが却下したんだから、他に優れたタレコミがあったのだろう」と信用して諦めることが出来る(のかもしれない)。
でもスラドJだと、負のフィードバックがかかった時期が、かつて有って。
ハタから見ただけでも、ちゃんとしたタレコミがされなくなったなぁー。と感じることが多々あった。
「編集者 > 投稿者」という優位体制は、そういう信頼感がなくなった時点で負に成っちゃいがち。
yourCat氏の編集日記はそういう意味で素晴らしい。コミュニケーションが一番重要だと実証している。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/01/15/15.html#2004011515
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-01-15 00:00:00 By otsune