hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2004年02月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29


2004年02月19日(木) [長年日記]

予定
  • 新宿。米屋打ち合わせ。1900

#7 [www] はてなダイアリー - 木っ端拾いの材木流し: 「otsuneさんはそれに加えてサーバーとしての性能をある程度保証しろと言っているんだけど」_

えーと、すいません。ちょっと違います。
ネットの帯域なんて、ほんの2年前から比較したらバカみたいに太く強力になりました。
2chとかはてなみたいなアクセスが殺到して重たい処理をするサーバーでも無い限り、CPU処理速度が足りないということもほぼ無いでしょう。
だから、自宅サーバーだろうが零細会社サーバーだろうが。
5年前の中古PCを再利用していたり、組み込みCPUでマイクロサーバーにしていたり、減価償却が終わっていない年代モノサーバーを使っていたりしない限り。性能を保証するまでも無く余裕はあると思います。
逆にいうと、そういう余裕の無いサーバーを使っているなら、httpd.confでRlimitNPROCやRlimitCPUなどを指定することによって「サーバー技術者が」自衛して防御するのが先だと思います。
Webサイトで文章を書いている「人間」が、「リンク先のサーバーは弱いからリンクを遠慮しよう」とマナー論で回避するのは、技術者を甘やかせすぎだと思います。
おそらく、ネットを楽しんでいる人たちは「サーバーの設定で一定以上の負荷がかかっても防衛できる」という技術的なことを知らないのではないか?
そして「設定がマンドクセー。それにサーバー技術者側で自衛するなんて風潮は迷惑だ。ニュースサイトの人間が遠慮すりゃいいんだ」と啓蒙活動を投げていて。ネットの世界に客観的な情報を教えていないのではないか?
……と、いう風に考えています。
もちろん「帯域制限っていうけどさ。Linuxも*BSDもカーネルを再構築したり、メンドクサイ設定をしなくちゃいけないから現実的じゃないよね?」というツッコミが来ることは分かります。
だとした技術者がやることは「makeして帯域を選択するだけで簡単に制限ができるような方法」を広めることじゃないかなぁと。
アクセス殺到して潰れてしまわないような仕組み。そっちを開発するほうが前向きだと。

7 アクセスこわい : ウェブログ@ことのは_:

大部分の意見に賛成。ただ反論があるとすれば
もしリンクされた側のサーバーが耐えられなかったらどうするか。そのアクセスに耐えられるようにインフラを整備すべきである。
これは金持ち理論すぎて受け入れられないと思います。
適当な余ったPCで、普段はアクセス回線としてADSLを使っていたり、細い専用線で「おまけサーバー」を公開している人は多いと思います。
そういう人に「回線を太くすればいいのよ」という意見は酷だなぁ。
オレの意見は繰り返しになるが「回線が細いなら細いなりにサーバー設定で自衛すれば良い。値段もかからないしお勧めだ」ということ。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/02/19/7.html#200402197
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-02-19 00:00:00 By otsune