hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2004年03月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


2004年03月28日() [長年日記]

#2 [anime] アニメの色彩設計で民生用のテレビをパソコンに接続してしまう話題_

このあたりはややこしいので話を週1の地上波アニメに限定して。つまり劇場や版権やDVDの話は置いておく。
民生用モニタってのは、ようするにそこらへんの電気屋で買ってきた家庭用テレビのこと。
業務用モニターというと、ソニーの編集機器用のマスターモニターなどを良く使います。
マスターモニターの特性は色々ありますが。一つを上げれば「暗部から明部までリニアに出力して信号の違いを目視できるように」しているという点があります。
これは民生用モニタに比べると、コントラストが眠くて色が淡い出力であると言い換えることが出来ます。
逆にいうと民生用モニタは、素人の見た目にはギラギラと綺麗に見えて。微妙な暗い色使いも全部持ち上げて同じ色として表示してくれる装置である。と表現できます。
日本のNTSCにおいて、色を保証できるのは放送局から電波で出力した部分までと言えるので。
はっきり言うと東京タワーから家庭の中まではどんな色で見られているかは保証も関与も出来ない状態。
でもそれだと。
「NTSCだとかマスモニとか技術的に細かいことはどうでもいいから、お客さんが見ている色が色彩設計のパソコンで確認できればいいの」というリクエストに対する答えにはならなかったり。
あと編集室でも、必ずプレビュー用の民生用モニタが1台設置されていて。
マスモニだけでなく「民生ではどうみえるか」を最終的な確認材料に使ったりしています。
つまり拡大解釈して「(本来はマスモニも設置しておくべきだが、それは省略して)確認用の参考用民生モニターをおまけにつけている状態」と鼻血の出る勢いでテレビを設置していたり。
忘れちゃいけないのは「本来はダメなんだけど、妥協案として仕方なくこうしている」というのを伝えていくこと。
妥協案であることをマニュアルとか書かなかったり。あと、たかが工程の組み合わせなのを「これは我が社の企業秘密ダニ!」などと勘違いして隠そうとしたり(技術担当は妥協案を恥ずかしくて大っぴらに言えないだけなのに)。
企業秘密ってのは実装・実案に与えられるものであって、単なる妥協案の組み合わせはさっさと公表してアドバイスを貰ったほうが……
と言ってみるテスト。

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: アニメの色彩設計で民生用のテレビをパソコンに接続してしまう話題 by o3x    2004/03/28 20:09
ありがとうございます。良い方法を考えつつ、つっこんでおきます。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/03/28/2.html#200403282
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-03-28 00:00:00 By otsune