hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2004年04月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


2004年04月03日() [長年日記]

#2 [neta] 自分の人生と欲望を犠牲にしてでも国力にダメージを与えよう。という選択

「家庭を持って子供を産む」のも「マイホームを買う」のも「税務署に収入が完全把握されるサラリーマンになる」のも経済的・投機的な視点だけで考えると非合理的な行動だが。「人生を私有したい」という欲望のせいで感情を最優先させてそれらの「愚か」な行動を良く取ってしまう。
オタキングの本「フロン」で唱えられている説みたいな感じで、フランス風の入籍しない事実婚を当然にしてみて。男女関係から恋愛と結婚を分離して、家庭単位で生活しない。そういうほうが欲望面では合理的であったりする。
しかし「国力を増強する」という面で言えば、妾や愛人が居るのは当たり前という昭和以前の文化はよろしくない。「一夫一妻制」で国や世間が性欲と勤労をコントロールするほうが望ましい。(産めよ増やせよ大地に広がれ。という教義は国力を増やすのに最適だ)
投機的に考えると、圧倒的にメリットが見出せない分譲マンションやマイホームの長期ローンだが。
人間の「自分の家を私有したい」という欲望を利用されて、多数の人が高い金利を払うシステムに喜んで参加している。
さて。
自分の遺伝子を残したい。という原始的な欲望を封じてでも、子供は産まない。
自分の居場所が欲しいという欲望を封じてでも、マイホームローンは組まない。
これは国力に対する「スローな自爆テロ」を選択する人が増えたということだ。
子供を産まない人たちは自爆テロをすることで国力を減らして。その代わりに子供を持たないことによるメリットを得る。これは非常に合理的な行動だと思う。
「国力に貢献させられるぐらいなら、ある方面の欲望ぐらい犠牲にしてやる。その代わり極端な生き方をするぜ」という感じ。
さて。マイホームローンの金利の仕組みというのは、他の投資に比較すると圧倒的な殿様商売ぶりを発揮しているとオレは思う。
「おまえら居場所を私有したいという欲望があるんだろ。だからどんなに損なシステムでも買うんだろ」と見透かされているようだ。
子供を育てるのに掛かるコストも同様だ。
「どうせほっといてもガキをはらませて産むんだろ。だからどんなに子育てに手間と金がかかってもいいだろ」と見透かされている。
そのギャップを母親が埋めていたり保育費でカバーしていたりしたが。
今では「実は国力増強のために子供を産んでやることないんじゃないの」と合理的に自爆テロを選ぶ人も増えている。
カフェインやアルコールやニコチンの商売は、人間の肉体の進化が3万年程度では変わらないことに助けられて、まだまだ安泰だが。
マイホーム欲望や子孫欲望の効き目は、これまでに無いスピードで効かなくなっている。
これでは国力を増やす「商売」をしている人には堪らない。
国力という売上が上がらなくなった。さぁどうするか。という場面で「昔のように欲望を感じさせるようにすれば良いんだ」と考える人が居ても不思議では有りません。
オレが考えるに、そういう「昔に返ろう」という現象は最近の法案によくみられると思います。
なんだか「右へ右へ」と成っているのが特徴だと感じたり。

2 追記。「人生を豊かに生きる」ことを国民にされてしまうのは「国力を増強する」ことに反している。と、偉い人は考えているのでは?:

Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/04/03/2.html#200404032
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-04-03 00:00:00 By otsune