hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2004年08月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


2004年08月04日(水) [長年日記]

#4 [www][neta] 下ネタ嫌い厨_

どうしてその手の厨は「下ネタは嫌いです」と恥ずかしげも無くおおっぴらに主張できるのか、オレも全然理解できない。
下ネタを嫌悪することで何か自分の人格が高級にでもなった気がするのか。
前に考えた返しとして「あんたらの大好きなセレブとか社交界では、パーティージョークとして下ネタの応酬ぐらいできないと馬鹿だと思われるよ」というのがあったけど。
本当の下ネタってのは最高級に難易度が高くて。本気で才能が無いと考え付くことができない。
別にさ、下ネタが嫌いでも構わないと思うんだよ。
萩本欽一ファミリーコンセプトとして勝手に生きてもらえば良い。
ただ、他人に「下ネタはやめてください」と自分の趣味嗜好をゴリ押しするのであれば、それなりに納得できる理由を提示しないとだめだろう。
なんか「下ネタであるというだけで理由なんか要りません。ムキィィィィ」みたいな思考停止反応が出てくるのはどうしてなんだろうね。
日本でもドイツ並みの正しい下ネタ教育をしないと将来は暗いな。

4 「下ネタはいくらウイットに富んでいようとやはり下品なモノだというのには同意ですか?その前提で。」:

エリサラさんのコメントから。
まず立川談志師匠からの名言を引用したい。
「下品とは気ぜわしく対象に向かうこと、上品とはしずしずと対象に向かうこと」
「上品ってのは欲望の露呈がゆっくりとしているさまを言う」
上品と下品の違いは、ただ単に性欲などの欲望がどのぐらいのスピードで現れているかということ。
このように「下品だから説明不要でダメ」という判断軸は言葉の定義の問題なので、納得できる理由としてはちょっと弱い。
最高にウィットに富んでいる下ネタは、下手な上品トークよりも「エクセレント」である。と思っています。そしてそれに同意しない人が存在することは理解しますが、納得することがどうにも難しい。
下品なものを生理的に受け付けない人が居るのは確かに事実ですが。
それは生理的に納豆を受け付けない人や、タバコの煙・萌え絵・アルコール・旧かな使いWebサイト・はてなダイアリーの粘着的論争ノリ・堀江モンのスノッブ・コミッカーズのサブカル臭を生理的に受け付けない人と違いは無いと思えます。
個人的な生理を理由にその場のノリを強要するのであれば、何らかの納得できる理由が必要でしょう。
下品と上品を分ける閾値の設定がTPOによって違うし、当然ながら人間によっても違う。
説明不要のコンセンサスが取れているのは、たとえば「紫綬褒章の記者会見」では下ネタは言わないとか極端な例しか思い浮かばない。
オレが一番言いたいことは、繰り返しになるが「下ネタだというそれだけの理由で排除してもいい」という思考停止っぷりが問題だ。ということ。

コメントを読む(4) [ コメントする ]

Re: 下ネタ嫌い厨 by エリサラ    2004/08/05 01:12
えーと、下ネタ嫌い派じゃありませんが、下ネタはいくらウイットに富んでいようとやは...
Re: 下ネタ嫌い厨 by i    2004/08/05 01:27
まったくだ!ちんこ
Re: 下ネタ嫌い厨 by otsune    2004/08/05 03:55
なんのひねりもないリアクションをサンキュー! ちんこ
Re: 下ネタ嫌い厨 by エリサラ    2004/08/05 10:00
くそ〜。マジレスの俺が虚しいじゃねぇか。 まんこ!
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/08/04/4.html#200408044
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-08-04 00:00:00 By otsune