hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2004年12月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2004年12月16日(木) [長年日記]

予定
  • Shibuya Perl Mongersテクニカルトーク#5

#3 [neta] プロの写真を勝手に使ってネタを作っているのにテキストサイトのパクリがダメなのはおかしい。という話題

はてなダイアリー - hkt_o の余談_ から。
id:kowagariなどのサイトから日記をコピペしてした人が指摘されて閉鎖した出来事のなかで出てきた話題。
オレの個人的な考えだとこうだ。
著作権的には引用だったら引用元を明記しなくちゃダメ。そして引用ですらない転載であれば、著作権者に許可をもらうべき。
しかし、そういう著作権的な考えではないサンプリングというのがあり、それが一定の文化を形成していることも尊重したい。
そしてサンプリング文化での重要なポイントはデットコピー以上の作品になっているかどうか。「リスペクト」の痕跡があるかどうかだと思う。
同人ゲームを題材として同人ノベルゲームを作るのはいいんだけど。それが元素材よりも手間がかかっていない単なる書き飛ばしだったりしたらゲンナリだよ。
しかも、著作権者に還元もしないで上前をはねたりするのは最悪だよ。
……という感じかなぁ。
話はちょっと変わるけど。
たとえば「OpenSSHを使って会社までVPNトンネルを作る」みたいな解説テキストがあったとする。
それに似たようなテキストがまったく別のところにもあった。
文章の構成とかTipsとか誤字脱字が一緒だったりして、明らかにパクリだとする。
元のテキストを書いた人はパクりをした人に怒りを覚えて「OpenSSHでVPNするネタを書くな!!」と抗議をした。
でも「OpenSSHでVPNをするなんて、わりと普遍的なテクニックだからなぁ」と抗議をした人もちょっと変だと思われたりもする。
ちなみに、題材は違うが似たようなことは実際にWebで過去にあった。
もしパクった人が、その人なりに文章を改善したり間違ったところも直したりしたらどうだろうか。
「誤字脱字を修正しやがって。パクった自覚がアリアリじゃないか!!」と元テキストの人は怒るのだろうか?
個人的な結論として。
「ネタがかぶる」「キャラがかぶる」というのを避けるのは暗黙のルール。だけど「毒舌ぼやき芸人」みたいにジャンルとして確立する場合もある。
ミラクルの人が「monyoさんはSambaでネタがかぶっている」と著作権問題を言い出したら、これ以上はないってぐらい軽蔑を集められるだろう。だけどそんなことはしない。
芸人がパクる時は「あいさつ・ことわり」をすることで筋を通すそうだ。リスペクトしていることをアピールして丸くおさめる。
id:kowagariの日記をパクったひとも、素直に「読者です。文章の展開が好きなのでネタの構成法をパクりました」と、自分なりにアレンジすればよいのだ。
閉鎖した人が他のサイトからもパクったネタとして「和田アキコがCDケースを力技で開けていた」というのがあったけど。オリジナルは和田アキコをいじった芸人でしょう? 多分明石家さんまあたりか?
だから「同じ和田アキコのネタを使った!!」とクレームをつける人はいません。(いるかもしれないけど、軽蔑されるだろう)
「同じテキストをコピペして区別が出来ないようにした」というのは有効だと。
著作権というよりは、不正競争(類似商品)の範疇だなぁと思う。

3 まるで「俺が考えた」とか「俺が書いた」みたいなパクり方をするのは100%批判されるだろう:

徳ホ……いやいや、id:hkt_oさんは「写真はパクってネタにするのに、文章をパクられるのは抗議かよ」と思ったみたいだけど。
テキストサイトで写真をネタにしているときには暗黙の前提として「この写真は自分が撮影していません」という態度が、かなりわかりやすく提示されているだろう。
(まさか侍魂の人が中華ロボットを撮影したと勘違いする人は普通はいないですよね?)
そして妙にクオリティの高い一眼レフ撮影の画像は「私はカメラマンです」というようなプロフィールでもない限り、多分転載orパクりだと思って閲覧していると思う。
でもパクりWeb日記サイトの「テキスト」はそうではないと。

3 著作者が報われる世界への展望_:

関連した話題。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2004/12/16/3.html#200412163
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2004-12-16 00:00:00 By otsune