hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2005年02月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28


2005年02月09日(水) [長年日記]

#5 [www] ネットでの「知財バトル」の論評で欠けているのは、知財バトルのコストは誰が払っているのか、という視点。これは、「法と経済学」的視点と呼んでもいい_

前と言っている事がチグハグなのを棚に上げると。
アメリカのパテント政策は「知財・特許をこれからの軍事力とする」という意味だと思っています。
そういう意味で、全世界的に「知財バトルというヤクザの言いがかりで他国の経済を疲弊させよう」という流れになっているのかなぁと。
つまり国内での知財バトルによる足の引っ張り合いは必要悪として、許容できるものは許容すると。
知財関係の弁護士やら企業の知財担当部署を鍛えるためと割り切る。

5 ここで陰謀論者が居たとしたら:

今回の一太郎・松下騒動がこれだけ騒がれたのは、アメリカが日本の知財バトル関係を縮小させるために大げさにさせたからだ。
とか言い出しそうだ。
そういうことを言う場合は「宇」と書いて「さかい」と読むようなペンネームがオススメ。

コメントを読む(1) [ コメントする ]

ミクロ経済学的観点から言うと「知財」バトルは何も生み出しませんが by Hiroki AMANO    2005/02/10 15:06
マクロ経済学的観点から言うとそうでもありません。たとえば企業が弁護士に支払った費...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/02/09/5.html#200502095
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-02-09 00:00:00 By otsune