hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2005年02月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28


2005年02月23日(水) [長年日記]

#3 [neta] 「構造的な文章の書き方なんて大学で訓練すればよい」という納得できる指摘が

なるほどなぁー。確かにそれも一理ある。
・現状の国語の授業は心理学である
なぜなら文学を読ませて作者の考えていることを読み解かせることが中心だから。
・書くよりも先に「読む」ことを訓練させる
これも納得の意見。ただし、良い実用文を読む訓練が必要だが、日本には良い実用文の例が少ない。
・「論理的に文章を書く訓練は大学でやるので、高校までは疑問を持たずに勉強してろ」と教師が提示しないのは、そう言っても意味が理解できない生徒が多いから
現状では「とにかく大学に入ってしまえ」と、細かい理由を説明しない方針を伝統的に続けている。
なぜ構造的な文章を書く訓練をしないのか? と疑問を持った生徒に個別に提示するのであれば効果的だが。
猜疑心の無い生徒には提示が理解できない。
小学生や中学生の段階では、漢字を覚えたりする基礎練習段階なので提示が無意味なのは誰もが納得するだろう。
しかし高校生もその延長にあると考えられていること。
細かいことを考えずに、とにかくがんばれば後で分かるよ。
という方法だ。
でも猜疑心の付いた高校生には、教育方針のロードマップを提示してくれたほうが良いと思う。
納得してあきらめられるんだけどなぁ。
※ちなみに、オレは猜疑心がついてしまい疑問を感じていたので、高校の国語・世界史・古文の授業は完全にボイコットしていたタイプだ。当時、それらの担任教師はオレの猜疑心にまったく理解を示さずに「とにかくやれ」というタイプだったので。しかし中二病を自虐的にネタにするレベルで恥ずかしい話だな。
※大学じゃないとその手の訓練は受けないよ。というのを誰かがWebやblogやMLで提示したほうがいいんじゃねぇかなぁ。
個人的なケータイメールだけなら世間に晒されないから別にいいんだろうけど。
高校生がblogで非論理的な文章を書いてしまって発火するのは悲しい現実のような気がするな。
もちろん自力で論理的な文章を習得している例外はいいんだけど。

3 論理的な文章を書く前に「論理的なものの考え方」を教育する必要がある:

という指摘も。
そしてそれは大学に入るより前に、小学生の段階からはじめることは必要なのではないかという話。

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: 「構造的な文章の書き方なんて大学で訓練すればよい」という納得できる指摘が by morichu    2005/02/25 07:34
>・現状の国語の授業は心理学である >なぜなら文学を読ませて作者の考えている...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/02/23/3.html#200502233
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-02-23 00:00:00 By otsune