hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2005年04月 来月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2005年04月22日(金) [長年日記]

#1 [neta] IT企業ドラマのパソコン画面監修を自慢している夕刊フジblogは何かの釣りか?

「恋におちたら」のデジタルな見方(1)―PC操作に“こだわり”_
diff画面をページャーでスクロールさせることをメンテナンスと言い切るのは監修者としてツッコミいれろよ!!

1 「監修者のアドバイスをちゃんと聞くと「監修に押し切られて仕事を増やす気の弱いディレクター(=使えないヤツ)」と見られてしまう現場」:

あー、それよく分かるよく分かる。
欠点というかおかしなところに監修者からツッコミを入れられると。それが「作品のために修正したほうが良いですよ」という意図しか無いのは利害関係と立場から言って自明のことなのに。なぜか「そんな初歩的なミスをしているんじゃないよ。テレビ屋はIT技術のことは全然しらねぇ仕事の出来ない連中だ」と言われたかのように受け取ってしまう文化ってあるよね。
体育会系・官僚的・年功序列・以心伝心・和をおもんじる・不祥事隠蔽というキーワードで連想される文化圏への偏見としてそういう印象があるな。
基本的にツッコミを入れる立場の人って、大統領直属で絶対権限を持っていて。かつ利害が無い外部の人じゃないと難しいんだよな。利害関係者だと「なんか細かいケチつけているけど、次期役員の座を狙っているからライバルの実績つぶしをしているんじゃないの」とかいくらでも邪推されてしまう。
テレビドラマとかの映像作品では、監督や演出家の独裁政権じゃないとダメってのはこういうところなんだなぁ。そのITドラマのサーバー描写がトホホだとしても、監督が表に出て「あれがマニアからみてトホホなのは仕方が無いですね。だって現場で監修者の意見を採用できませんでしたから」と責任をおっかぶるかっこよさがあればいいかんじ。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/04/22/1.html#200504221
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-04-22 00:00:00 By otsune