hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2005年05月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


2005年05月16日(月) [長年日記]

#3 [anime][blog][www] 桀紂屋: 画像利用の対比_

『創聖のアクエリオン』ではblogで使っても良い画像素材というのを公開していたけど。
ガンダムSEEDのサイトにある画像を直接リンクで個人blog等に使うと警告文が表示される。
という話題。
ちなみに、アニメの法的には作画1枚にしても、その絵自体についてはそれを描いた人に著作権があり、(真っ当な)制作会社は著作財産権に関する契約を行う。動画のグロス出しについても包括契約を行っている(はず)。
著作財産権についてはそのとおりだと思う。だけど、文章の前半が誤読される可能性がありそう。
超時空マクロス原画事件 東京高裁判決_
このような、合意、事実たる慣習、商慣習がない限り、アニメーター一個人が作成する図柄について映画の画面上で使用する際、その修正をする度にその作成者の許可を受けない限り、修正をすることが一切できないという極めて非現実的で不都合なことになってしまうのである。そして、かかる結論を許容するとなると、具体的なアニメーション映画の制作が事実上不可能になる。逆にいえば、それぞれの図柄を描くアニメーターは、その作成する図柄がそのアニメーション映画の中で、その全体の一要素としてとけ込んでおり、一体化した著作権となることを容認した上で、その図柄を提供しているということができる。
というような判例が出ている。
つまり「アニメーターから会社へ著作権を丸ごと譲渡している」ので、納品された時点で「描いた人」には著作権は無くなり、会社に著作権があるということ。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/05/16/3.html#200505163
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-05-16 00:00:00 By otsune

この記事へのトラックバック[1]

桀紂屋:[アニメ]画像利用の対比
『創聖のアクエリオン』が、blogやサイト用に本編などの画像提供を始めた。公式ページ...