hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2005年05月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


2005年05月27日(金) [長年日記]

#1 [www] man 7 ascii

がーん、こんな便利なものがあったなんて知らなかった。_ おなじく知らなかった……。 Webだと FreeBSD 日本語マニュアル検索_ で見られる。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/05/27/1.html#200505271
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-05-27 00:00:00 By otsune

#2 [event][blog] Blog Hacks Conference 2005

途中から観戦。ライトニングトークだけ見られた。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/05/27/2.html#200505272
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-05-27 00:00:00 By otsune

#3 [www] audiofan.net: ちゃっかりRSSって面白い表現だ_

問題のあるRSSの使われ方といえばpaipo.jp。bloglinesと同じくWebベースのRSSリーダーを提供しているんだけど、RSSを整形して読めるようにしたものが、会員じゃなくても読めてしまう。しかも、googleでそのページが検索できてしまうというからたいへんだ。
第三者に整形したり集計したRSSを閲覧させるのは、公衆送信権あたりの法的な問題はどうなのか? また道義的にはどうなのか? というところが曖昧だと思っている。
「なんでもRSS」とか「http://bulknews.net/syndicate/tdiary2rss.cgi」みたいなゲートウェイもこの問題に含まれるのだろうか。
ueBLOG: blog hacks conference 2005レポ_ をみると
RSS配信とコンテンツの再利用可能はイコールじゃない
って感じで触れられていたのか。そのころはまだ電車移動中だったから聞き逃した。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/05/27/3.html#200505273
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-05-27 00:00:00 By otsune

#4 [2ch] VIP天国の紹介をご遠慮しますルールで捕捉されてた_

「LR議論」というのがキーワードのようだ。そのへんはあんまり興味ないけど。
「紹介を遠慮してくださいルール」の是非というか「リンクするなというお願い」の見本になっちゃうのは原理主義者としてどうなんだろという感じで。
要するにVIP板紹介blogで「VIPって面白いらしいぜ」という観光客が来てうざいという展開で、あの紹介ご遠慮ルールが出来たという話題みたい。

4 「VIPにも観光客が増えてつまらなくなった」という中二病らしい嘆きが増える:

ちなみにオレは 去年の大晦日_ にそういうネタを書いていた。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/05/27/4.html#200505274
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-05-27 00:00:00 By otsune