hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2005年07月 来月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


2005年07月24日() [長年日記]

#2 [neta][www] ホームページを攻撃的な書き込みから守る方策とは?

日経BP ネットビジネスTODAY > ネットビジネス成功の方程式_
文章の巧拙に関しては、運営者の能力に関わることなので誰もがクリアできる問題ではありませんが、誤字脱字に関してはそれほど難しい問題ではありません。注意深く文章を書き、書き終えたら推敲する。「誤字脱字をしない」と心がけ、たったこれだけの作業をするだけで、驚くほど「攻撃」が減るものです。要は悪意ある読者に付け込まれる隙を作らないということ。一切誤字・脱字などが無い、完璧な文章を提供し続ければ良いのです。
誤字脱字の指摘と人格攻撃を分離すりゃいいんじゃないかなぁ。別に国語の「お勉強」をしている訳じゃないし。あと印刷時代の修正が難しいメディアな訳でもないし。

2 単なる技術・演出的なリテイクを「あなたの仕事はダメですね」と誤解するのはプロ失格:

監督の意図により、あえて職人的な常識から外した手法で仕事をしてもらうということがある。
それを理解しないで「リテイクを出すのは僕のことを嫌って否定しているんですね」という風に解釈して、そのリテイクに対するイイワケを言い出す人というのが居たりする(という話を聞いたことが有る)
監督はそういうときは、結果的には同じことを言葉を選んで「あなたの仕事にケチをつけている訳ではないですよ。だけどあえてそういう風にしたいのです」というのを伝えるようにするそうだ。
もちろん最初から意図が伝わるように指示するのが理想的だが。言葉に言外の意味を裏読みされると、過剰な手間暇をかけて指示する必要がでてくると。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/07/24/2.html#200507242
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-07-24 00:00:00 By otsune