hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2005年09月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


2005年09月04日() [長年日記]

#1 [neta] 高橋メソッドの「単語の泣き別れ」等がDTP的に気になる

例えば
  • 「コーディング」という単語がスライドに有ったら「ィ」は字詰めしたほうが見た目がよい
  • 「コーデ」「ィング」のように改行で泣き別れしていると認識力が下がるので出来るだけまとめてしまう
そもそも「字詰め」ってのは。活版から写植に変わったときに、字面の境界にインクが圧力によって盛られることが原理的に無くなり、濃淡の無いのっぺりした印刷になるので、それを補う為に行われるようになったそうだ。逆にここまでデジタルによるフォントの扱いが進化したのなら、文字境界に微妙にコントラストをつける処理をするとスライドにインパクトを与えられるのかもしれない。
……ということを1年ほど思っていたのだけど、明日は提唱者に聞いてみるチャンスかも知れないな。(LLDNでは夜のネタ温存の為になるべく客に会わないようにしていたし)

1 でも元々の高橋メソッドはHTMLでWebブラウザを使ってスライド表示するんだよな:

だとするとCSSで調整できない「字詰め」「泣き別れ」は手作業で泥臭くやるしか無いのか。そりゃしょうがねぇか。

コメントを読む(2) [ コメントする ]

Re: 高橋メソッドの「単語の泣き別れ」等がDTP的に気になる by CL    2005/09/05 21:56
字詰めは、活版が写植に変わったときに、原理的に詰めることができるようになったのが...
Re: 高橋メソッドの「単語の泣き別れ」等がDTP的に気になる by otsune    2005/09/06 02:22
この字詰めの話ってSUPER DESIGNINGかデ現で読んだような記憶。 もしくは府川さんのQu...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2005/09/04/1.html#200509041
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2005-09-04 00:00:00 By otsune