hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2006年02月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28


2006年02月25日() [長年日記]

#1 [math][netwatch] スティグリッツ入門経済学第2版の翻訳がダメダメなので中村正三郎氏が「日本の経済学コミュニティのレベルの低さ」と表現したら「単なる誤植レベルの話だ」と紛糾

スティグリッツ経済学と薮下史郎(ショートバージョン): ホットコーナーの舞台裏_なんか、いっぱいコメントやトラックバックついてました^^;: ホットコーナーの舞台裏_ から。
まぁ個人的には中村氏の言う
コミュニティにとって教科書と は、その時点の最良の知識と知恵を次世代に託す重要なものでしょ? どうい う間違いであれ、長期間、ほったらかしだったら、そのコミュニティのレベル を疑われても仕方ない。だから、仮にファイマンの教科書に間違いがあってず っと訂正されないなら、米国の物理学コミュニティはバカの集まりです。少な くとも教育には真摯な態度ではないです。
に全面的に同意するなぁ。
誤植・誤訳を放置することを正当化する理由は一つも無いと思う。(重版されない場合は物理的に不可能なのでそれは例外)
「間違い」は単なる「間違い」であって、それを修正するように指摘することは関わった人の尊厳とは関係がない。逆になんだか良く分からない理由で放置することのほうが、コミュニティ全体の尊厳が疑われる。(出版社にやる気が無くて修正してくれない。というのはその分野がダメダメであることの一つの証明だと思うので「たかがそれぐらいのこと」だとも思えない)
あと話が脱線するけど。
道具が気に喰わないので自分で仕事道具を作ってしまうという「クヌース病」の話は、いつ読んでも逸脱していて面白い。この手の「自分で道具を作ってしまう天才達」を集めた伝記とか無いかなぁ。

1 関連ネタ:

Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/02/25/1.html#200602251
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-02-25 00:00:00 By otsune