hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2006年07月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


2006年07月10日(月) [長年日記]

#1 [www][neta] 「Web2.0って、映画でいえばハリウッド化みたいな?」

奴らを高く吊るせ:出版事業のアメリカ化?_ を読んで。
コンビニがPOSシステムでやたらと細かい販売データを集計できるようになったのは、Web2.0の「集合知」「データ重要」ってのに当てはまる気がするな。(ロングテール要素が無いから売れない商品は淘汰されちゃうけど。本も編集・出版・保管の物理コストが高いから淘汰されがち……)
あと全国中古車販売チェーンが、コンピューターとネットを駆使して1円単位で正確な見積もりを機械判定して、勘とか経験による見積もり誤差を排除するのとかもあるな。(需要の価格よりも高く買い取ってしまえばロスになるし、安く見積もりすれば競争力が弱くなる)
ソーシャルブックマークの「注目エントリー」も、やたらと薄くてヌルいサイトが入りやすいってのはあるかもな。これは前に「どうしてあのサイトが妙に人気が高いの?」と、CTOのn氏に聞かれたときに「すごい上手い職人がいる町の寿司屋は全国チェーン展開しないけど、スシローやかっぱ寿司は全国展開するようなもんでは?」と答えた事が有る。つまり大勢に最適化した「人気」と小規模に最適化された「評価」は違うんだと。(だから「注目エントリー」じゃなくて、タグみたいな妥協案で個人の好みにフィルターする手段が熱望されていたりするのか)
もちろんスシローという裾野が無いと、職人がいる町の寿司屋も立ちゆかないと思うし。それに「高級店は上流社会」みたいな優越感ゲームは個人的にはどうでも良い。どっちかというと全国展開する気合いの入ったシステムのほうに興味が有ったりする。
……で、漫画の話に戻すと。少年誌というハリウッドもあれば、吾妻ひでおというカルト映画も両立している自由な状態というのが、ある意味でバランスがとれているわけか。だから「ハリウッド大作主義はつまらん」という意見の圧力でカルト映画にも注目しようという雰囲気を作る活動もアリだ。同時に「儲からん文化活動をするんじゃねぇ」という商売っけの強いのもアリだと。
過去のデータを基準にロスを極限まで切り詰めて、機械判定によって商売をするのも良いが。
たまにはぐれた人間がギャンブルをする「遊び」の部分が無いと多様性が無くなるよと言い続けるのも必要だと。「未来のデータ」を作れるのは機械じゃなくて人間だし。
ただ「遊び」はあくまでも歯車のスキマであって、必要なことだけどメインストリームには成り得ない。多様性が保たれる両論並立を目指せという感じか。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/07/10/1.html#200607101
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-07-10 00:00:00 By otsune