hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2006年08月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


2006年08月10日(木) [長年日記]

#1 [www] 「もしかしたら天才かもしれない症候群」

spike_ から。
コツコツ努力して、少しづつ上達して・・・なんてのは凡才のやることなんだな。自分はそうじゃない、そうであっちゃいけない、そうでないといいな・・・・・・そう心の底で思ってるわけ。
だから、彼らは一足飛びに天才を目指す。僕はこういうのを「もしかしたら天才かもしれない症候群」と呼んでるんだ。 例えば、前衛的な作品に凝ったりするのもその症状の一つ。既成概念の枠組みを壊すような作品なら、技巧よりも発想が重要だからね。発想は技巧じゃない、そう思ってるんだな、彼らは。
「もっと上手くなってから練習するよ」という野比のび太の名言みたいだなぁ。
伝説で出てくる「努力をしないで成功した天才」というのは、単に「天才に取って、コツコツやるのは努力だとおもっていない空気を吸うような行為だった」ということだと考えるようにしていたりする。(まぁたまたま巡り合わせが良くてツモった人もいなくもないけど。それでも最低限のスキルが無いと、そのチャンスは生かせないよね)
あと実行力を評価するオレとしては「アイデアだけでやらない人」はそこらに偏在しているので、あんまり興味は無かったりもする。「誰もが思いつく当たり前の事を実行する人」のほうがそういう意味では真の天才だよな。

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: 「もしかしたら天才かもしれない症候群」 by エジソン    2006/08/10 18:46
天才とは1パーセントの霊感と99パーセントの汗からなる。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/08/10/1.html#200608101
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-08-10 00:00:00 By otsune