hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2006年09月 来月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2006年09月15日(金) [長年日記]

#1 [FreeBSD] FreeBSD-6.1R.isoをnfsdで公開して、tftpdのpxebootからネットワークインストールするときのメモ

kickstartしないカスタム設定のFreeBSDサーバーを作るときがたまにあるので、日記にメモっておくことにしよ。
192.168.aaa.bbbがインストールしたいサーバーのMACアドレス。
dhcpサーバーとnfsサーバーの二台のホストに分かれている。

1 インストーラーのisoイメージをnfsサーバーにマウント:

vnconfig -c -v /dev/vn0 /path/to/6.1-RELEASE-i386-p6.iso
mount -t cd9660 /dev/vn0 /nfs/path/to/FreeBSD6.1R

1 /etc/exportsで公開指定:

/nfs/path/to/FreeBSD6.1R  -alldirs,ro -maproot=root 192.168.aaa.bbb

1 /etc/rc.confにnfsサーバーの起動指定を書き、nfsdを起動しておく:

nfs_server_enable="YES"

1 dhcpサーバーのdhcpd.confでpxebootイメージとnfsrootを指定:

host ext4 {
          hardware ethernet 00:13:72:xx:xx:xx;
          fixed-address 192.168.aaa.bbb;
          filename "pxeboot";               
          option root-path "nfsserver:/path/to/FreeBSD6.1R";
}

1 isoイメージの/boot/pxebootをdhcpdサーバーの/tftpboot/pxebootにコピー:

scp等の任意の手段で。
scp /nfs/path/to/FreeBSD6.1R/boot/pxeboot hoge@dhcpserver:/tftpboot/pxeboot

1 /etc/inetd.confを修正してtftpdを有効にする:

tftp    dgram   udp     wait    root    /usr/libexec/tftpd      tftpd -s /tftpboot
という行のコメントアウトを取っておく。
inetdば手動で
/usr/sbin/inetd -wW -C 60
などとして起動しても良い。

1 pxebootでネットワーク起動したら"6. Escape to loader prompt"を選択:

そのまま起動するとdisk1のlivediskが起動してしまいインストーラーが立ち上がらないので、loaderで指定する。
set vfs.root.mountfrom="ufs:/dev/md0c"
boot
キーボードが101配列に成っていると"や=や:の位置が違うので注意。

1 インストール元メディアをNFSに指定する:

nfsserver:/nfs/path/to/FreeBSD6.1R
と入力。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/09/15/1.html#200609151
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-09-15 00:00:00 By otsune