hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2006年11月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


2006年11月02日(木) [長年日記]

#1 [FreeBSD] pkg_replaceがportsに登録された

pkg_replace -- upgrading installed packages_ から。
portupgradeと互換のshスクリプト。jail内のportアップデートに使っている。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/02/1.html#200611021
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-02 00:00:00 By otsune

2006年11月09日(木) [長年日記]

#1 [www] 物理学者が「「水からの伝言」を信じないでください」というページを書いている

Hidden message 「水からの伝言」を信じないでください_
糸井重里メソッド的には「ありがとうという言葉を他人にかけるのはすばらしい事だ。と伝えたい気持ちは分かります。でも科学を理由に使われるのは学者としても迷惑ですし、教育としても逆効果です」とか「実験をする必要がない事についてもっとくわしく解説してもいいですし、最終的には事実でないというための実験をしてもかまわないと思います」みたいな覚悟の担保があると伝わりやすいかなぁ。と思った。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/09/1.html#200611091
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-09 00:00:00 By otsune

2006年11月11日() [長年日記]

#1 [www][neta] 「水からの伝言」にまつわる議論で忘れがちなのは、科学の話と洗脳・共感の話がごっちゃになるところ

ふぉーりん・あとにーの憂鬱: 誰が屏風の虎を追い出すか?_ とか 音極道茶室: 『「水からの伝言」を信じないでください』と言うのならやるべき事は一つだろう?_ を読んで。
この話の論点は最初から決まっている。それは「科学」のもつ良いイメージ(客観性・論理性・信頼性など)を、「洗脳」の分野の人たち(トンデモ科学・浄水器ビジネスなど、いわゆる波動系)が表層的な部分だけつまんで悪用していることへのカウンターだ。
だから、信じたい物しか信じないひとの存在は、もうしょうがないし個人の自由だからほっとくとして(イワシの頭も信心からと言うし。非科学的とされる風習を生活に取り入れる自由はある)。ただ、そういう人たちが「トンデモ科学」を「真の科学」だと誤解して(洗脳させられて)混同しちゃうと、「あの学説は実際には効果が無かったじゃないか」みたいな悪評判まで本当の科学者に誤爆するから迷惑だ。という話だよな。(もちろん「科学じゃないものを科学だと信じるなんて」という科学者の矜持というのも重要だけど)
そもそも科学の厳密さとかそういうのはどうでも良い人たちがターゲットなんだから、はじめからこれは「洗脳合戦」でしょう。
「水はなんでも知ってますよ」vs「科学の名前を使って変なこと広めるな」という。
(それに 「水からの伝言」江本氏の主張_ の引用文で江本氏はAERA2005.12.5日号のインタビューにこう答えているそうだ。
水からの伝言はポエムだと思う。科学だとは思っていない。僕は科学者ではない。単なるロマン的なこと、ファンタジー。宗教と紙一重なので、誤解いただくこともあるが、宗教家ではない。少年のまま大きくなった普通の人間。
だから1年も前から「科学」の範疇の話では無く、「科学」だと誤解しているビリーバーに、どうやって科学じゃないと説得すればいいのか? という話なのだ。それと1年前というと2005年11月28日に 「水からの伝言」を教育現場に持ち込んではならないと考えるわけ_ というページが既に出来ていたりもする)
そしてトンデモ系・波動系の人たちは、洗脳だという事が(計算か天然かは知らんけど)分かっているので「道徳的な耳心地の良い言葉」しか言う必要は無い。科学っぽい実験写真を載せたのは、表面上でも科学風の解説が無いと疑われる事が多いというのを分かっているからだろう。
というわけで、おそらくトンデモ系とか波動系の人たちは、決して「真の科学」の土俵には上がらないのが支配戦略なんだから、科学の土俵で待ち構えて反証実験しても意味が無い。やって効果の高い事は客観的で追試可能な正しい実験ではなく、耳心地の良い言葉を使った「反洗脳」だ。(科学者は宣教のテクニックを磨いている訳じゃないから、そんなことはしたくない。という自由はもちろんある。そう言う意味で、「反洗脳」のためにあえて洗脳手法を用いて文章を書いた物理学者の田崎さんの行動は評価できる。トンデモ系という「暴力」を防ぐために武力を用いたのと一緒だろう)
あと物理学者の田崎さんの長文を、素直に納得して読めるぐらい読解力のある子供や教師であれば、そもそも「水伝」みたいなトンデモ実験の悪用に騙されないよなぁ。という根本的なツッコミもある。……ということを 平林 純@「hirax.net」の科学と技術と男と女/Tech総研:「水からの伝言」と「できる人のジレンマ」_ を読んで気がついた。

1 対象となるネタは何でも良くて、単純に「こんなこと知ってる?」とトリビアや自意識語りをしたいのが人間なのかも:

百匹目の猿現象 考 - デイリー ルーツファインダー - 楽天ブログ(Blog)_ で、前半では「幸島の百匹目の猿」という話がライアル・ワトソンの作り話だというネタバレが丁寧に解説されているのだが。後半では根拠がよく分かんないが「百匹目の猿現象はある」という決意表明になっている。もっとも、その現象についての論文を書いたり、人を洗脳して商売に利用しているわけじゃなく、個人のblogに気軽に書いている訳だから「特に根拠もないし他人を説得する気もないけど、ロマンとして百匹目の猿現象があったらいいかなぁ」ぐらいのニュアンスで書いていると解釈するほうが良いだろう。(要するに自由なんだからほっとけと)
で、それを見て気がついたんだけど。
たとえば「あるメーカーの家庭用ゲーム機でゲームをするのが好き」と自称する人がいて。そのメーカーはイメージが良いってことをダシにして、自分がいかにすばらしくて楽しい人間なのかをアピールするウザ系blogとかって良く観測しているんだけど。
単純にゲームが好きで趣味がゲームみたいなオタクの人からすると「ゲームをダシにして人間アピールに利用するなよ。そのメーカーのゲームであればクソゲーでも手放しで褒めるし、ライバルメーカーの良いゲームは揚げ足取って貶すし、ノイズが多くて迷惑」みたいな感覚をもたれたりしている。(まぁ個人的には、趣味をキャラ立てや自意識アピールに悪用しているのは中二病という現象として観測してて面白いんだけど。それがピュアに趣味の人からするとウザいんだろうなぁ)

1 なんていうか、男女の恋愛について酒井冬雪のコラムを鵜呑みにしている気の毒な人にマジツッコミする気に成れないというのに近いか:

あんな根拠の無い思い込みコラムを「あー、分かる分かる」と読んでいる頭蓋骨の内容物の働きが気の毒な人ってのは、信じられない事だがそれなりに居るらしいという話を聞いた。(別に個人の自由だから良いんだけど……)
あのコラムって酒井冬雪さんの偏りっぷりをネタにして面白がるもんじゃなかったのか。(トンデモ科学に関する「と学会」のスタンス)
んで基本的にはお笑い駄目駄目偏りコラムだから放置しているんだけど、中にはマジで信じて根拠にする人が出きたり。んで「と学会」スタンスじゃなくてクソ真面目にコラムの内容について反論しちゃう「思考力はまっとうだがネタという空気の読めない人」が出てきたりして。それ偏ったコラムを書く芸人に取っては思うつぼですから!
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/11/1.html#200611111
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-11 00:00:00 By otsune

この記事へのトラックバック[3]

音極道茶室:やればいいじゃん反証実験
こーゆー形で反響があるとは迂闊だった。みんな大好きなんですね水伝。 いままで無関....
シム宇宙の内側にて:水伝に反証実験を要求する人の科学リテラシーは信者と同レベル
昨日取り上げた 『「水からの伝言」を信じないでください』 に対する、不当な反論記事...
World Wide Walker:「水からの伝言」への反証実験は意味があるのか
[「水からの伝言」への反証実験は科学的に意味があるのか] 「水からの伝言」を信じな...

2006年11月12日() [長年日記]

#1 [book] 「理系のためのプレゼンのアイディア/平林 純」_

hirax.netの平林純さんの書籍が出ていることを KASOKEN_ で知った。
平林さんのプレゼン講習については去年9月4日の hirax.netの平林氏による「技術者・研究者のためのすぐに役立つプレゼンテーション技術」に参加_ も参照。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/12/1.html#200611121
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-12 00:00:00 By otsune

2006年11月13日(月) [長年日記]

#1 [mac] TextMateで日本語をシームレスに入力するプラグイン

TextMate stuff - hetima.com_
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/13/1.html#200611131
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-13 00:00:00 By otsune

#2 [FreeBSD] ezjailを使った時の/usr/ports共有設定メモ

ezjail_jaildirはデフォルトの/usr/jailsとした場合。ホスト環境の/etc/make.confで
PORTSDIR=       /usr/jails/basejail/usr/ports
を追記。
mv /usr/ports /usr/jails/basejail/usr/ports
ln -s /usr/jails/basejail/usr/ports /usr/ports
する。
PORTSSUPFILE=で指定するファイルを
*default prefix=/usr/jails/basejail/usr
と編集。
/usr/jails/flavours/default/etc/make.confを
WRKDIRPREFIX=           /var/ports
DISTDIR=                /var/ports/distfiles
PACKAGES=               /var/ports/packages
CD_MOUNTPTS= /basejail/usr
とする。
ホスト環境のrootのcrontab -eで
0 4 * * * cd /usr/ports ; make update fetchindex; /usr/local/sbin/portupgrade -Fa > /dev/null
を登録しておく。

コメントを読む(1) [ コメントする ]

Re: ezjailを使った時の/usr/ports共有設定メモ by mmasuda    2006/11/15 00:02
そこまでcron に仕掛けるなら portsclean -D とか入れちゃうな。俺なら。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/13/2.html#200611132
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-13 00:00:00 By otsune

2006年11月17日(金) [長年日記]

#1 [hns] hns向けのGoogle Sitemapモジュールを書いた

ishinaoさんのHNS/Tools/RSS.pmをベースにして。
hns_sitemap_ に置いといた。
これをシェルから
cd diary
perl sitemap.cgi > sitemap.xml
gzip -fq --best sitemap.xml
という感じで生成。
mod_rewriteしていない普通のhnsだと
#        my $url = $HNS::System::MyDiaryURI."?$year$month${day}S$new";
のコメントアウトのほうを使わないと駄目かも。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/17/1.html#200611171
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-17 00:00:00 By otsune

#2 [hns] hnsのセクションurlとRSS.pmの改造

狐の王国 mod_rewriteでセクション表示_ だけど、lib/HNS/Tools/RSS.pmの
my $url = $HNS::System::MyDiaryURI."?$year$month$abc#$year$month$day$mark";
my $url = $HNS::System::MyDiaryURI."?%year%month%{day}S%new";
に変えるとさらにいい具合になると思いました。
というかRSS.pmのそれはtheme.phで上書きできるようにしないと本当はマズいよな。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/17/2.html#200611172
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-17 00:00:00 By otsune

2006年11月18日() [長年日記]

#1 [anime][www] ガイナックス求人ページの「制作進行の仕事について」が素人向けじゃないレベルで凄く詳しく書いてある

GAINAX NET|会社案内|採用情報_ で。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/18/1.html#200611181
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-18 00:00:00 By otsune

#2 [neta] 「○○で検索してください」という広告が増えたのは、テレビCMでURLを1秒以上放送してはいけないという規制も関係している?

今はもう無いホリエモンblogで livedoor 社長日記:3/20(日) 追いかけられる。_
TV朝日で指名手配という番組のスポンサーをしているのだけど、スポンサーになってもやれることを激しく制限されていたりします。まず番組中にlivedoor.comのアドレスは入れられないんだって。なぜかよく分からないけど、内部基準らしい。またCMにも激しい制限があって、最後の1秒くらいしかアドレスを載せられないの。月○千万払ってこれだけ?びっくりしますね。TV局のwebを通してしかアクセスが呼び込めないため、途中でかなりの人があきらめて、番組ネット連動に参加しないようだ。どうしてこんなにネットとの連動を嫌うのか、まあ色々理論コネコネで反論はあるんだろうけど、あんまりネットとの連動に積極的でなさそうなのは確かである。グループ会社には甘いらしいんだけど。もっと積極的にアドレスを露出したり、番組連動企画を立てられるんなら、十分費用対効果があがるので、もっとスポンサーとして参画したいんだけど、今のままだと無理ですね。。。
という話が載っていた。
ここ最近はケータイサイトのURLが数秒以上かけて読み上げられていたりもしていたから、絶対的な規制という訳ではなく「内部基準」という単なる自主規制なんだろうけど。
TVCMのURL表示制限〜シリーズ「砕氷船ライブドア」(4)_ あたりでこの話題について取材した顛末が読めるな。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/18/2.html#200611182
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-18 00:00:00 By otsune

2006年11月19日() [長年日記]

#1 [www][sysadmin] クラッシュしたHDDをサルベージするときはKNOPPIXかFreeSBIEでdd_rhelpとかdd_rescueするのがオススメ

ぴょぴょぴょ? - Linuxとかプログラミングの覚え書き - - 壊れたHDDからデータを取出す方法_ を読んで。
根本的にはHDDはクラッシュする可能性があるので、かならずバックアップを取っておくべき物だけど。それはそれとしてサルベージの方法を知っておくのは有用か。
要するに「クラッシュしたHDD」でいろいろと作業すると故障がより進行してしまうから、新品のHDDにデータのイメージを丸ごとコピーしてから、新しいほうにディスクチェックをしよう。ということ。(追記:KNOPPIXを使う時は、クラッシュしたHDDのスワップ領域を使わないようにboot: knoppix noswapで起動する方が良い。swapにはデータは書かれていないから指定しなくても致命的ではないだろうけど、できるだけ余計な書き込みはしない方が良いと思う)
コピーには普通のddコマンドを使っても別に大丈夫だけど、bs=512だと割り込みが大量に入るからコピーに数時間以上は平気でかかってしまう。(過去に80Gをサルベージしたときは一晩たっぷりかかった)。だからCD起動のKNOPPIXやFreeSBIEを使って dd_rhelp_dd_rescue_ を使うのがオススメ。(dd_rhelpは内部でdd_rescueを呼んでいるので、どっちを使っても機能的には一緒)
dd_rescueが使えない場合は
dd if=/dev/hda of=/dev/hdc ibs=512 obs=1024k conv=sync,noerror
とかでibs(読み込みブロックサイズ)はセクターサイズである512byteにしてobs(書き込みブロックサイズ)を大きい値にすれば良い。そうすれば、書き込みは1メガ単位でまとめてくれるのでスピードが早くなる。ちなみにconv=sync,noerrorは読み込みエラーは飛ばすために指定している。(この例は/dev/hdaにクラッシュしたHDDを。/dev/hdcに新品HDDを接続している。FreeSBIEであれば/dev/ad0と/dev/ad2などと読み替え)
それでイメージがコピーできたら、Linux/BSDであればfsckと ディスクからファイルを救出する: salvage-1.0_ で。
WindowsであればFINALDATAで。
Mac OS XであればData Rescue Xを使う事で、イメージファイルからファイルを救いだせる。
ただし、クラッシュしたセクターに書き込まれていたファイルはさすがにサルベージは無理なので、それだけは失われる。
それ以外のファイルはこの手法でほぼ救い出す事が出来る。
関連過去ログ
2006年3月27日。dd_rhelpというdd_rescueよりも優れたハードディスクのサルベージ用コマンドがあるのを知った_
2005年4月11日。クラッシュしたHDDをddでコピーするときは「ibs=512 obs=65536」と読み書きブロックサイズを分けて指定すると速くなる_

1 BIOSで認識されないHDDでもFreeSBIEでatacontrolコマンドを使えばサルベージできる可能性がある:

コメントを読む(6) [ コメントする ]

Re: クラッシュしたHDDをサルベージするときはKNOPPIXかFreeSBIEでdd_rhelpとかdd_rescueするのがオススメ by おスギ    2006/12/16 14:39
はじめまして。 記事を読ませていただいて、データの移行を試みてみました。 dd_resc...
Re: クラッシュしたHDDをサルベージするときはKNOPPIXかFreeSBIEでdd_rhelpとかdd_rescueするのがオススメ by otsune    2006/12/19 21:45
「ファイルサイズ制限を超過しました」ってことは、たぶん dd if=/dev/hda of=hoge.im...
Re: クラッシュしたHDDをサルベージするときはKNOPPIXかFreeSBIEでdd_rhelpとかdd_rescueするのがオススメ by おスギ    2006/12/26 23:14
コメントありがとうございました。 早速試してみたのですが、「of=/dev/hdcはディレ...
Re: クラッシュしたHDDをサルベージするときはKNOPPIXかFreeSBIEでdd_rhelpとかdd_rescueするのがオススメ by otsune    2006/12/28 02:32
「プライマリーマスター、プライマリースレーヴ、セカンダリーマスター、セカンダリー...
Re: クラッシュしたHDDをサルベージするときはKNOPPIXかFreeSBIEでdd_rhelpとかdd_rescueするのがオススメ by おスギ    2007/01/10 22:29
情報ありがとうございました。 年末年始にかけて色々とやってみたところコピーに成功...
Re: クラッシュしたHDDをサルベージするときはKNOPPIXかFreeSBIEでdd_rhelpとかdd_rescueするのがオススメ by 真木野    2009/04/17 06:58
とても参考になりました。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/19/1.html#200611191
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-19 00:00:00 By otsune

この記事へのトラックバック[3]

茫Blog:[情報]セキュリティ・情報流出まとめ
最近よくWinnyの情報流出がニュースになりますが、実名でブログを書くと就職の際に検...
Shoulder.jp:HDDクラッシュとデータサルベージ
壊れたHDDからデータを取出す方法 は、メモとして残しておきたい。 HDDがクラッシュし...
http://www.business-planet.net/story/2442845/:void GraphicWizardsLair( void ); // クラッシュしたHDDをサルベージするときはKNOPPIXかFreeSBIEでdd_rhelpとかdd_rescueするのがオスス
void GraphicWizardsLair( void ); // クラッシュしたHDDをサルベージするときはKNOPP...

2006年11月21日(火) [長年日記]

#1 [mixi][netwatch] mixiの「話のつまらない男に殺意を覚える」コミュで、書き込みした人たち全員に許諾をとらずに書籍化しようとして大揉めになっている

mixi(ミクシィ)の独裁管理人を許さない!_ がまとめblogらしい。
要するにコミュに書かれた文章を書籍として小学館から出版しますよ。という企画が出たんだけど。「印税はどうなるの?」とか「著作権は投稿を書いた人にあるけど?」と質問が出たのを「荒らし」として削除しまくっているという。
関連コミュニティとしては
  • 話のつまらない男に殺意を覚えるコミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=250066
  • [mixi] 殺意コミュ出版を祝うコミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1550305
  • [mixi] もし本が売れたら印税は欲しい http://mixi.jp/view_community.pl?id=1526632
  • [mixi] がめつい女に殺意を覚える http://mixi.jp/view_community.pl?id=1492991
  • [mixi] 書籍化の件で発言がしたい!!! http://mixi.jp/view_community.pl?id=1538376
ホテル・ジャンキーズ裁判の判例があるから、まともに著作権関係で裁判したら小学館には勝ち目ないよな。
2chみたいに「書き込みを書籍化されても文句言うな」という規約はmixiに無いし。
もちろんコミュに書き込みをした人は「その書籍に載せてもいいですよ」という許諾を出す自由は有る。なんたって著作権者だから。(当然だけど「書籍に載せないでください」という権利だってある)
だからこのコミュ管理人と編集者がするべき正当な手続きは、掲載する書き込みを書いた人すべてから掲載許諾を取る事だ。おそらく「いちいち許諾を取っていたら、載せられる書き込みが無くなってしまう」とか「印税を分配しろとか言われるのが嫌だ」とか、そういう政治的な意図があってうやむやのまま企画を進めたんだろうけど。
そういう腹黒い手段で書籍化をするのであれば、目立たないように「そういえば、このコミュ……」みたいな題名のトピックを立てて、「実はこのコミュの面白い書き込みが本になったら良いかなぁと思っています。もし本になったとしたらみなさんの書き込みを使っても良いですか? 万が一、載せないでくれという人がいたら連絡してください」みたいなのをそーっと書き込んで。すぐに他のトピックを5つぐらいガンガン上げて読まれないようにしちゃうけどね。
そうしたら後でこういう風に揉めた時に「許諾は取ってある。反対だという連絡が有った人は載せない」と開き直れる。(保険の約款は細かすぎて誰も読んでいないメソッド)

1 「書籍化のお知らせ」トピックってのはあったんだね:

mixi(ミクシィ)の独裁管理人を許さない!: mixi本を出版すると、金の匂いがプンプンするぜ!_
現在、書籍に掲載用のコメントを選ぶ作業に入っていますが、書籍化に関して「自分のコメントは削除してほしい」と思われる方は、ご面倒ではございますが、このトピックスに「削除希望」とお残しください。10月16日(月)までに書き込みいただけると幸いです。
という文は投げていた訳か。
つまり
  • 小学館というか編プロから掲載文を投稿したひとに「許諾のお願い」メッセージを送る
  • 拒否されなかったら掲載する
という手続きを取っているのであれば、著作権的には問題なさそうだな。
もし「掲載された割合に応じて印税が欲しい」という投稿者が居たとしても、それは「(その条件では)許諾しなかった」という事になるので没にすれば良い。
あと
  • mixiだから書いたのを本にされると困る
  • 管理人が印税貰うのはフェアプレイ精神として許せない
というのは、著作権論争としては別の話になるな。外部に出されると困る人は許諾を出さなければ良いんだし。フェアプレイ精神に関しても「割合によって印税を分配しないのであれば掲載しないでくれ」という自由は著作権者にあるので、その精神を広めればいいのだ。(なんだか分からないうちに拒否する機会も無いまま本に載せられてしまった。ということさえ無ければ良いのだ)
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/21/1.html#200611211
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-21 00:00:00 By otsune

この記事へのトラックバック[1]

ハチシロ - ハチミツとシロツメクサ:ミクシィはからっぽの洞窟?
★ミクシィの伸びが止まった理由は経営者の無自覚 !!(FPN) まさか、ミクシィと2...

2006年11月27日(月) [長年日記]

#1 [www] 注文を間違えて余った寿司を安く売りつける「スシスシ詐欺」というのがあるそうだ。

Weekly Teinou 蜂 Woman_ で。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/27/1.html#200611271
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-27 00:00:00 By otsune

#2 [neta] 「自分が何を欲しているのか分からなくなる」という貴族の悩みを、多くの庶民まで持っている国は豊かってことだよな

「自分探し」とか「誰かの役に立ちたい」とか「チヤホヤされたい・尊敬されたい」みたいな発想が出たり、自分が何をすべきなのかを悩んだりするのってのは、社会が成熟して多くの人が貴族みたいな余裕が出来たよってことなのかもなぁ。
貴族の悪趣味な文化とかを大多数向けに売り出す事で経済が発展してきたり。
アイドルというか芸人ってのも「見世物になる人」というある意味で差別的な視点で見られていた時代もあったけど。今じゃフラットになって「グロテスクなほどきらびやかな存在である見世物芸人を愛でる悪趣味貴族」という感覚から、悪趣味で差別的な要素だけ抜いて「すばらしいアーティストを楽しむ」という感じになったもんなぁ。
しかし貴族のメリットは実感できないまま、貴族の悩みを持つ状態になるとストレス多そうだよな。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/27/2.html#200611272
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-27 00:00:00 By otsune

2006年11月30日(木) [長年日記]

#1 [GPL][www] 他人に著作権のあるソースを使っておきながら「GPLは公開義務があるからリスクだ」とか言い出すこの記事は、ベンダーがどれだけ甘い認識なのかを表しているなぁ

気にしていますか? オープンソースのソースコード混入:ITpro_ を読んで。
オレの解釈を要約すると「プロプライエタリ(商用)のクローズソースの開発プロジェクトに、GPLのソースコードが入っているとライセンスにより公開する必要があるからリスクがあって怖いよ」という感じなんだけど。
まぁ現場ではいちいち下請けが納品したソースコードに、勝手にGPLとか入れられちゃっているのまでチェックしきれていないよ。という泣き言で、業界の悲惨さを訴えているという意味では同情できなくはないのだが。
それを主張する時に、ライセンスについて不勉強だっただけのエレコムの事例を引き合いに出すのは説得力を大きく損なうよなぁ。エレコムのあれは組み込みLinuxルーターそのものであって「混入」という言葉で表現するのは国語的におかしいよ。ほとんどがGPLソースで、エレコムの独自ソースは数%ぐらいなんじゃないの?。それにエレコムが「ださいバックドア」を入れていたのは、ソースコードが公開されていなくてもクラッカーが調べればすぐにバレる手法だったから「GPLで公開したから明らかにせざるを得なかった」みたいなニュアンスで書くのもミスリードすぎる。
まぁエレコムの無知っぷりを不当に擁護していることは、後半の記事の主張自体とはあんまり関係ないけど(記者さんに対する信頼感が限りなく下がっちゃうけど)
そもそも自分の飯のタネであるソースコードに関しては、GPLだろうがBSDだろうが独自ライセンスだろうが特許だろうが、ちゃんと監査するのがスジだよなぁ。(現実的にそんなことは出来ていない。という事情は記事で書いてあるので、そこは同情できるけど)

1 関連情報リンク:

Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/30/1.html#200611301
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-30 00:00:00 By otsune