hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2006年11月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


2006年11月30日(木) [長年日記]

#1 [GPL][www] 他人に著作権のあるソースを使っておきながら「GPLは公開義務があるからリスクだ」とか言い出すこの記事は、ベンダーがどれだけ甘い認識なのかを表しているなぁ

気にしていますか? オープンソースのソースコード混入:ITpro_ を読んで。
オレの解釈を要約すると「プロプライエタリ(商用)のクローズソースの開発プロジェクトに、GPLのソースコードが入っているとライセンスにより公開する必要があるからリスクがあって怖いよ」という感じなんだけど。
まぁ現場ではいちいち下請けが納品したソースコードに、勝手にGPLとか入れられちゃっているのまでチェックしきれていないよ。という泣き言で、業界の悲惨さを訴えているという意味では同情できなくはないのだが。
それを主張する時に、ライセンスについて不勉強だっただけのエレコムの事例を引き合いに出すのは説得力を大きく損なうよなぁ。エレコムのあれは組み込みLinuxルーターそのものであって「混入」という言葉で表現するのは国語的におかしいよ。ほとんどがGPLソースで、エレコムの独自ソースは数%ぐらいなんじゃないの?。それにエレコムが「ださいバックドア」を入れていたのは、ソースコードが公開されていなくてもクラッカーが調べればすぐにバレる手法だったから「GPLで公開したから明らかにせざるを得なかった」みたいなニュアンスで書くのもミスリードすぎる。
まぁエレコムの無知っぷりを不当に擁護していることは、後半の記事の主張自体とはあんまり関係ないけど(記者さんに対する信頼感が限りなく下がっちゃうけど)
そもそも自分の飯のタネであるソースコードに関しては、GPLだろうがBSDだろうが独自ライセンスだろうが特許だろうが、ちゃんと監査するのがスジだよなぁ。(現実的にそんなことは出来ていない。という事情は記事で書いてあるので、そこは同情できるけど)

1 関連情報リンク:

Permalink: http://www.otsune.com/diary/2006/11/30/1.html#200611301
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2006-11-30 00:00:00 By otsune