hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2007年05月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


2007年05月21日(月) [長年日記]

#1 [www][neta][microformats] アニマライトというアニメ・漫画レビューをまとめるサイトがあるが、hReviewツール提供すればいいのに、ロボット巡回して全文キャッシュするという前時代的な方向に苦労をしている

結論から言うと、一つのサイトに情報が集まっているのは大変便利では有るが、転載やキャッシュによる全文表示という形で苦労するのは古い手法だと思う。
それはhReviewに対応した漫画・アニメに特化したレビューツールを提供して、アニマライト運営のクロスボーダーコンサルティングが扱いやすい形で検索できるように仕向ければいいのだ。
日本の著作権の現状だと、オレはこんな感じに認識している
  • 日本の著作権法には、米国におけるFairUseという概念が無い
  • 日本だとFairUseがないので検索エンジンですら厳密には合法とはいいきれない現状がある
  • キャッシュ表示は日本の著作権法では合法と扱われないだろう
  • キャッシュに広告を出す事は、あのGoogleでさえも避けている(広告をだしたら米国でもFair Useにならないかも)
  • 内容を表示せずに「○○という情報がhoge.example.jp/fugaにあるよ」と提示するのは著作権的にはまったく問題無し
同義問題とか他人のふんどしでアサマシリンクで稼ぐのかよ問題に関しては、そんな論点よりも「キャッシュに広告表示しても平気とはGoogleもやってないのに良くやるなぁ。著作権チャレンジブルすぎるぞ」と思っていたりする。ただ「アニメ・漫画・ラノベ感想の特化型検索エンジン」というのは今のWeb社会ではアリだと思う。
「人が書いたレビューを集めたという、簡単な誰でも出来るただそれだけの事で事業として儲けるのかよ」という他人のふんどし妬み論争も、オレは「ただそれだけの事」を実行することに意味があると思うのでどうでも良い。(キャッシュとして全文転載したり、そこに広告だすのは完全にFairUseから外れるのでマズいけど)
簡単な誰でも出来ることだったら、文句を言うあなたが率先してやれば良いじゃん。もしその「ただそれだけの事」に本当に何の価値もなかったら、誰も利用しないだろうから広告収入にもならないだろうし。(これはアニマライトに限らない全てのWebサービスに当てはまるオレの考え。くどいようだけど、464.jpみたいにFairUseどころか法を無視したのは論外だよ)

話は変わるが。ISBNをキーにして、書籍の正誤表をまとめサイトに出来ないかと 2002年12月_ に思いついて 2006年12月_ にも書いたけど。これを「感想・レビュー」でもやれば良いんだよな。単行本の漫画やラノベにはISBNが有るから良いとして。問題なのはアニメ番組にはこれといったキーになる情報が無さそうってことだよな。(Gコードは地域によって違うし生成方法も非公開だから使いにくい。 Gコード解析_ を見ると、どうやら時刻とチャンネルしか情報が無いみたいだし)
使えそうなのはiEPGだけど。 iEPGフォーマット解析 ―350ml.net―_ によると、放送局名と時刻というざっくりしたデータなので、ISBN的なIDには使えない。まぁ番組名+話数で検索させるという手法に成るか。

オレのこの提案が通じないってのは何となく分かっていて。問題はアニメ・漫画の感想を書く人たちはmicroformatsとそれによって実現するセマンティックWebの便利さだとかに興味を示してくれないって事だろう。だから「ただ単に感想を書くよりも便利でお得に成るよ」というインセンティヴを提供しないとうまくいきそうにない。
たとえば映画生活というサイトでは hReview準拠レビュー作成ツール@映画生活_ なんて形で、レビューしたい作品を検索してWebフォームから感想を書き込めばhReviewの形式になったHTMLを表示してくれるサービスが有る。あとはそのソースを自分のblogにコピペすればOk。(ここでポイントなのは、映画生活という他人の領域に書くのではなく、自分のコントロール下にあるblogで書けるという事。 Japan.internet.com Webビジネス - ウノウ、hReview に対応した Blog 向けレビュー作成ツールを提供_ によると、作ったのはウノウだとか)
またAmazonの商品にレビューを書くためのアフィリエイト支援ツールである G-Tools_ にも マイクロフォーマット(hReview)対応などG-Tools バージョンアップ:Goodpic_ で書かれているようにhReview形式でソースが出力される機能が有る。
本来であれば各種blog事業者が「今日見たテレビの番組・読んだ本・聴いたCD等の感想などを書くには、このフォームを使ってください」みたいな便利ブログエディタみたいなのを用意して。それで記入すればhReviewが適切に入ったレビューがblogエントリーに入るってのが理想的なんだけどね。
ウノウの映画レビューフォームがアニメ・漫画・ラノベにも使えるようになっていれば理想的か。

1 関連リンク:

平和の温故知新@はてな - レビュー検索サイト「アニマライト」に感想をもってかれる_
アニマライトが感想を全文キャッシュしてるらしい? | MOMENTS_
アニマライトについて | まいじゃー推進委員会!_
余談だけど、アニマライトのWebサイトはurlにクエリーパラメータが付きまくって汚いurlだよなぁ。そういうところを見ると、あまり技術的にはエッジを走っていないひとが設計したっぽい気配。
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2007/05/21/1.html#200705211
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2007-05-21 00:00:00 By otsune