hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.7

void GraphicWizardsLair( void ); //

otsune GWL
FreeBSD, AfterEffects, RETAS, animo, DigitalAnime, Linux, Mac OS, Win2k

[Who is otsune?] [title] [message] [Policy] [注目エントリー] [top]
Twitter Status :


Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい

検索式:

先月 2007年08月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2007年08月29日(水) [長年日記]

#1 [anime][www] アニメのデジタル工程もアナログセルも、結局フィルムやベーカムテープという同じ媒体に記録されるので「出せる色は同じ」です

asahi.com:消えるTVアニメのセル画 残るは「サザエさん」だけ - 文化・芸能_ から。
太陽色彩で塗って撮影台でフィルムに焼き付けるのと、RGBのデジタルデータからビデオレコーダーでデジベテープに録画するのでは、発色原理が違うから使える色域も違うってのが見栄えが違う原因。
フィルムもベーカムテープにして編集室経由で放送局に納品するから、みんなが見ているテレビの信号としては変わらない。だからセルの絵の具とデジタルの色のRGB値を比較してウンヌン言うのはほとんど意味のない行為だ。(このへんは2000年あたりに仕事としてさんざん追求したなぁ)
「デジタル工程になったら色が変わった」というのは、実は言葉が省略されている。
それは「デジタル工程になったら(今までの太陽色彩で仕上げとして絵の具を塗ればすぐに欲しい色が分かったのと違って、パソコンのモニタで見える)色が変わった」ということ。お茶の間で視聴者が見る色を、色彩設計さんのパソコンで再現するのはやたらと金銭や手間のコストがかかって難しかったので、色がズレたまま決めてしまう事が有った。
イマジカがギャレットというフィルムとデジタルの色合わせをするシステムを作ったりしたのも、そういうズレを無くすように努力したから。
この10年のアニメデジタル工程の進化で、やっと狙い通りの色が決められるようになった。
だから「セルとデジタルでは色が違う」というのは、あえて設計さんが違う色にしているのか、デジタル工程の技術力がおかしくて変な色になっているのかでだいぶ意味が違う。(アナログセルの方が物理的な絵の具という基準がはっきりしているのと、長年の蓄積が有ってズレにくいという現実は有ったけど、それはもう昔の話だよなぁ)

コメントを読む(3) [ コメントする ]

Re: アニメのデジタル工程もアナログセルも、結局フィルムやベーカムテープという同じ媒体に記録されるので by mattn    2007/08/31 08:42
アニメは殆ど見ないので良く知らないまま質問してしまってますが、作画工程のデジタル...
Re: アニメのデジタル工程もアナログセルも、結局フィルムやベーカムテープという同じ媒体に記録されるので by さくら    2007/08/31 19:25
(1)思ったとおりの色を出せるようになっと事 (2)フィルムとビデオの色の違いを...
Re: アニメのデジタル工程もアナログセルも、結局フィルムやベーカムテープという同じ媒体に記録されるので by t0mori    2007/09/01 04:23
元記事読んでないんでもしかしたら的外れかもですが、デジタル行程の初期に「色が違っ...
Permalink: http://www.otsune.com/diary/2007/08/29/1.html#200708291
trackback
このエントリーを含むはてなブックマーク del.icio.us livedoor Clip View blog reactions
Last Updated 2007-08-29 00:00:00 By otsune